美容・健康の豆知識

夏のだるさは「冷房病」が原因!?

冷房病

真夏だというのに、会社の中では長袖の衣類が手放せず、常に手足が冷え切っている……、そんな「冷房病」にかかる人が存在します。
冷房病にかかると、身体がだるくなったり、食欲不振になったりします。

冷房病って、どんな病気?

冷房病自体は、それほど重い病気ではありませんが、ひと夏我慢していると、ほかの病気になるおそれがあります。
常に身体が冷えることで体温調整ができなくなって、自律神経がバランスを崩します。
自律神経のバランスが崩れると、血液の流れが悪くなったり、動悸が起こるなど、全身にさまざまな症状が出てきます。

冷房病を防ぐには?

冷房病の原因になるのは、エアコンの効かせすぎとか、扇風機のあたりすぎ、冷たいものの飲みすぎなどです。
エアコンの温度設定を変えたり(推奨温度は「28度」です)、扇風機は首フリ状態にして、冷たいものではなく、温かいお茶などを飲むようにしてみてください。
暑い夏には、かき氷を食べたり、冷たい飲み物を一気飲みしたくなりますが、それらは身体を冷やす元です。
のど元が涼しいから快適に感じますが、下痢などの症状が出ているならおなかが冷えているということでしょう。

冷房の効いた部屋では

特に、冷房の効いた部屋にいるときは、靴下を履いたり、温かい服装をするなどして温度調整をしてください。
真夏でも汗が出ないというのは、身体にとってあまり良くない状態と理解しましょう。
会社であれば、エアコンから遠い位置に机を移動することはできないでしょうか?
「夏が終わるまで、もう少し……」などと我慢することなく、身体を温める工夫が必要になります。
薄くても、温かい下着なども売られていますから、そういうものを身につけましょう。

2016年06月23日 2372view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 夏季 健康 病気
   
関連エントリー
朝、気持ちよく起きるには?
同じ時間寝ていても、どの時間帯に睡眠をとるかによって起きた時のスッキリ感が違います。 一...
真夏のバーベキューで起こる意外な事故!
海辺などでの楽しいバーベキュー! 年に1~2回と、バーベキューを行う回数が少ないこと...
紫外線アレルギーとは?対処法について
紫外線アレルギーとは、太陽光に含まれる紫外線に対して、皮膚がアレルギー反応を起こしてしまう...
のどが痛くなった時の効果的な対処法
のどが痛くなったら、そのまま風邪に突入…。という人は多いのではないでしょうか?特に空気が乾...
心身機能が衰える!?「生活不活発病」って何?
東日本大震災などの震災時に増えたのが、「生活不活発病」という病気です。 身体を動かさ...
Copyright (C) よろず
閉じる