美容・健康の豆知識

簡単!今日からできる!一人でストレスを解消する5つの方法

一人で解消するって難しい…

現代人の共通の悩みと言われる“ストレス”は、あらゆる病気を引き起こす原因です。
健康で幸せな人生を送るためには、ストレスをうまく解消していく必要があります。

ですが、一人で解消するのって難しいですよね。
友達とは予定が合わない時もありますし、飲みに行くのにもお金もかかってしまいます。

「もし一人で(しかも簡単に!)ストレスを解消することができれば…」
そう思う人は多くいるのではないでしょうか?

ということで、ここでは、「一人でできる5つのストレス解消法」をご紹介します。

一人でストレスを解消する5つの方法

1.思っていることを紙に書き出す

とにかく、今不満に思っていることや心配なことを、白紙の紙に書きまくりましょう。専用のノートを作っても構いません。
この方法は、「自分が今何にストレスを抱えているのか?」をはっきり認識するためにも有効な方法です。

また、自分が認識しているストレスの原因と、実際の原因が違う場合もあります。
たとえば、自分では「仕事でミスばかりしてしまうこと」が原因だと思っていたとしても、実際は、「夫との不仲」が主なストレスの原因だと、紙に書くことで改めて気づくこともあります。
自分が、何にもっともストレスを感じているかを把握し、解消につなげましょう。

2.ヒトカラに行く

一人でカラオケに行くことを、ヒトカラと言います。 ストレスが溜まっているときは、大きな声を出すことが効果的です。
大声を出すと、横隔膜が活発に動き、自律神経(交感神経と副交感神経)を刺激します。
交感神経と副交感神経のバランスが乱れていると、血流不順やイライラを引き起こすので、ストレスを増長させるのです。

中には、「一人で行くのは恥ずかしい…」という人もいるかもしれません。
しかし、最近、一人でカラオケに行くのは、まったく珍しくありません。
お店によっては“ヒトカラ料金”や“ヒトカラ限定サービス”というプランもあるので、積極的に活用しましょう。

3.身の回りの環境を変えてみる

「今すぐに引っ越しをしなさい!」と言っているわけではありません。
自分の部屋に新しい家具や雑貨を置いてみたり、職場のデスクに好きなキャラクターのストラップを置いてみたり、という程度でも、気分が明るくなる場合があります。
ストレスを感じているときは、日々のありきたりな生活に“刺激や魅力がなくなっているとき”でもあります。些細なことでもいいので、身の回りの環境を変えるとスッキリと気持ちが晴れますよ。

4.有酸素運動をする

ただの運動ではなく、ジョギングや水泳などの有酸素運動は、特にストレス解消に効果的と言われています。
その秘密は、ストレスの要因となる、コルチゾールの分解を促す働きがあるからだそうです。
また、有酸素運動はダイエットや美容にも効果的と言われているように、代謝をよくして毒素を出すという効果もあります。
しかし、無理な運動は逆にストレスになりかねないので、自分のできる範囲で行いましょう。

5.何も考えない時間を作る

一日の内に数分でも構いません。頭を空っぽにして何も考えない時間を作りましょう。
背筋をまっすぐにし、目をつぶり、ゆっくり呼吸をします。静かなカフェや、自宅のお風呂などが良いかもしれません。
「ここならリラックスできる。」と、気持ちを落ち着けられる場所を見つけておきましょう。

さいごにワンポイントアドバイス!

普段から、「ストレスそのものを感じないように訓練すること」も大切です。
自分に良くないことが起こった時に、その出来事をどうとらえるかで、ストレスを感じる大小が、大きく変わってきます。
たとえば、上司に叱られたことを単に「腹が立つ」と捉えるのか、「欠点を指摘してくれてありがたい!」と捉えるか、という違いです。
こうした習慣をつけることができれば、ストレスを感じる場面自体を、減らすことができます。

2017年01月06日 2276view
関連豆知識 : 健康
   
関連エントリー
寝付けないときに眠るテクニック
寝付くためのテクニックについてお話しする前にひとこと。寝付けないことが頻繁にある場合、その...
無農薬野菜と有機野菜どっちがいいの?
できるだけ農薬が少ない安全な野菜が食べたいと思っている人はたくさんいます。 特に小さな子...
歯磨き粉での歯磨きだけでは虫歯を防げない!?
虫歯予防に歯ブラシに歯磨き粉を盛り、ゴシゴシブラッシング。 実はこれだけでは虫歯菌は死な...
お風呂はこんなに使える!ダイエットや健康面などに様々な効果が
お風呂にはダイエット効果のある入浴法があります。 やり方はいろいろありますが、42度近く...
パソコン作業の多い人がドライアイを防ぐコツ
長時間のパソコン作業の後に目が痛んだり、涙が止まらなくなるようなことはありませんでしょうか...
Copyright (C) よろず
閉じる