美容・健康の豆知識

ニキビや肌荒れの原因は洗顔かも?7ステップの「正しい洗顔方法」

間違った洗顔方法をしていないかチェックしよう

・乾燥肌で頬周りがカサカサしてしまう
・ぎとぎと脂っぽい脂性肌になっている
・毛穴の開きが気になる
・敏感肌だ
・化粧乗りが悪い
・肌がボロボロになっている気がする
・シミ、しわが増えた
・赤ら顔が気になる

こんな悩みがある時、なんとかして肌を綺麗にしよう!と一生懸命に洗顔をしたりしていませんか?
だけどその肌荒れ、もしかしたら間違った洗顔方法をしていることが原因かもしれません。

「え!?洗顔をすると肌荒れには逆効果なの?」
正しい洗顔方法をしていなかったとしたら、答えは「YES」。

自分が正しい洗顔方法をしているのかどうか、間違った洗顔方法チェックリストを見て診断してみましょう。
一つでもあてはまっていたら、洗顔が原因で肌荒れを起こしている可能性が高いです。

・洗顔のしすぎ(一日三回以上)
・ごしごしこすって洗顔している
・体温より熱いお湯で洗顔している
・洗顔料を泡立てないで使っている
・すすぎが十分でない
・シャワーのお湯を直接顔にあてている
・洗顔をする順番が間違っている

洗顔をしないと一日の皮脂汚れやほこり、メイクが落とせませんので毛穴が詰まりや雑菌が繁殖する原因になります。
肌荒れを防ぐには正しい洗顔が必要。

ただし、肌の汚れを落とすのは朝晩と一日に二回で十分です。
洗顔のしすぎは肌を守ってくれている「皮脂膜」「水分保持をしてくれるセラミド」といった肌の「バリア機能」を壊します。

バリア機能が壊れるとどうなるかと言いますと・・・・・・

・外的刺激から守られず敏感肌になる
・紫外線に弱くなる
・ターンオーバーが乱れて肌細胞がよみがえらない
・脂性肌になる
・乾燥肌になる

といった状態になり、肌荒れを引き起こすのです。上記の間違った洗顔方法チェックリストの項目は、全てこのバリア機能を破壊することにつながってしまいますので、正しい洗顔方法を身につけて健康な肌を取り戻しましょう。

7ステップでできる正しい洗顔方法

1.体温より低い温度のぬるま湯で肌を潤そう

水の温度は、体温より低いことが鉄則。肌にあててひんやりと感じない場合は、体温より高いということ。熱いお湯はバリアである皮脂を取り除きすぎてしまいます。

2.きめ細かい泡でTゾーンから優しく洗おう

洗顔料はきめ細かい泡になるくらい、丁寧に泡立てましょう。
肌は直接こすらず、泡で包むようにして汚れを落として下さい。
「皮脂の多いTゾーン」
「頬」
「顎まわりや目元などのデリケートな部分」
の順番に洗っていきます。

3.すすぎは十分すぎる程、よく行うこと

体温より低い温度のぬるま湯で、必ず30回以上、理想は50回以上すすいで下さい。
手のひらにぬるま湯をすくったら、顔を下に向けて肌に数回押し当てるようにすると、洗顔料をしっかり落とせます。

4.裏技!精製水で水道水を落とす

水道水にはカルキなど、肌にとって刺激になるものが含まれています。
ドラッグストアなどで買える精製水で、水道水を軽く洗い流すと、余計な成分をすすぐことができます。
※精製水は傷みやすいので冷蔵庫で保管して下さい。

5.タオルを優しく肌に押し当てて水分を拭き取ろう

タオルでもごしごし肌をこすってはいけません。水分はタオルを1、2回、優しく肌に押し当てて拭き取ります。

6.化粧水は3分以内につけて保湿をしよう

洗顔後の肌は油分が足りていないので、タオルで拭き取った後はどんどん潤いを失っていきます。
化粧水などで必ず保湿をするようにして下さい。

7.化粧水の上から、乳液やジェルで必ずフタをすること

せっかく保湿をしても、化粧水の水分もすぐに蒸発してしまいます。
化粧水がしっかり肌になじんだら、乳液やジェルで整えましょう。

肌を優しく洗える洗顔料選びのポイント

洗顔料にはスクラブ入りなど刺激の強いものがあります。
強い洗顔料は肌を守る角質層、バリア機能まではがしてしまうことに。

バリア機能を守る正しい洗顔方法では、優しく潤う「添加物の少ないの洗顔料」や、「石けん」を使います。
メイク汚れも落ちる泥炭石けんなどもありますから、メイク落としで刺激を加えたくない場合はこちらを使用するのもおすすめ。
ポイントメイクだけしっかり落とせば、通常の石けんでもメイクを落とすことは可能です。

肌を優しく守る「正しい洗顔方法」で肌荒れを卒業し、キメの整った健やかな美肌を手に入れて下さいね。

2017年01月12日 2452view
関連豆知識 : スキンケア 美容
   
関連エントリー
ニキビや肌荒れの原因は洗顔かも?7ステップの「正しい洗顔方法」
・乾燥肌で頬周りがカサカサしてしまう ・ぎとぎと脂っぽい脂性肌になっている ・毛穴の開...
脂質よりも要注意な炭水化物!ダイエット成功は米を減らすことから!
運動しても全然痩せない・・・。 途中で体重が減らなくなり挫折してしまう・・・。 一度痩...
重曹のお風呂で美肌に
寒くなるこれからの季節。入浴は身体を温め、心をリラックスさせることで、快い眠りに導いてくれ...
多汗症かもしれない?
多汗症という病名は、何となく聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
恋人にしたい女に!男ウケするファッションでモテ女を目指そう
人に対する印象ってどこで決まるかわかりますか? 電車の中や歩いている人を見渡してみましょ...
Copyright (C) よろず
閉じる