美容・健康の豆知識

話題のMEC食ダイエット!メリットや正しい方法を紹介

MEC食ダイエットとは?

MEC食とは、Meet(肉)、Egg(卵)、Cheese(チーズ)の3つの食べ物の略称です。
この3つを食事の中心に取り入れて、肥満を解消する取り組みが「MEC食ダイエット」と呼ばれています。

メリットは、糖質を大幅に制限できることにあります。MEC食ダイエットを考案した沖縄県の医師・渡辺信幸さんは、人間が肥満になる原因は「糖質」と「早食い」だと言います。
肉・卵・チーズには糖質がほとんど含まれていないため、ダイエットに効果的だと言われているのです。

最近流行しているこのMEC食ダイエットですが、正しい方法で実践しなければ効果は現れません。
むしろメリットよりも、デメリットの方が大きくなってしまう場合もあります。

正しい実践方法

いくらMEC食に含まれる糖質が少ないからと言って、食べ過ぎれば当然太ります。
MEC食ダイエットで提唱されている1日の適正摂取量は以下です。

○肉200g
○卵3個
○チーズ120g

これらを毎日3食の食事の中心メニューにしつつ、糖質を多く含む食べ物を制限することが大切です。
ちなみに糖質の多い食べ物には、米・パン・麺・イモ類・果物・お菓子・デザート・お酒、などがあります。

また適正摂取量についてですが、この量以下であれば、「絶対にこの量を食べなければならない」というわけではありません。
たとえば、どう頑張ってもチーズ120gを1日に摂取するのが苦しい、と感じる人は半分の60g程度でも問題ありません。

そして、実践方法としてさらに重要なのが、MEC食の食べ方です。
ただ食べればいいというわけではなく、「よく噛んで食べること」が非常に重要なポイントになります。
先ほど、医師の渡辺さんは「早食い」も肥満の大きな要因と言っていると紹介したのはそのためです。

目安は、一口分を口に入れたら30回以上噛むことです。たくさん噛むことで食べ物を細かく分解し、消化しやすくなるメリットがあります。
そのため、MEC食ダイエットは「MEC食カムカムダイエット」と呼ばれることもあります。30回以上噛まずに飲み込むことを続けていると、反対に太ってしまう可能性もあるので注意です。

いくつかのデメリットも…

○出費がかさむ

肉200g・卵3個・チーズ120gを毎日食べ続けると、どうしても食費がかさみます。特に肉は月に換算すると、6kgもの量になります。

経済的に余裕がないままダイエットを続けることに、ストレスを感じる人もいるでしょう。
ストレスはリバウンドや体調不良の原因にもなり得るため、ダイエットの効果は半減し、本末転倒です。

経済的に余裕がない場合や、MEC食ダイエットそのものにストレスを感じるような場合は、無理に続けないことも選択肢です。

○人によっては体重が増える

MEC食ダイエットは、あくまでも肥満を解消するための取り組みです。元から痩せている人が取り組めば、反対に体重が増えてしまうこともあります。
肉や卵は、糖質は少ないものの筋肉を作る栄養素が豊富に含まれているためです。

「モデル体型になりたい」「筋肉を付けずに痩せたい」という願望を持っている人にとっては、MEC食ダイエットはデメリットになり得るかもしれません。

健康的に痩せるためには、過剰な我慢はNG!

実践する上で大切なのは、過度に我慢して神経質にならないことです。
「MEC食ダイエットを実践中だから、絶対に肉・卵・チーズしか食べない!」と意気込む人もいますが、過剰に意識し過ぎると、栄養のバランスを損ねたりストレスの原因となったりします。

特に野菜の摂取は大切です。かぼちゃ・にんじん・じゃがいも、といった糖質の多い野菜以外の野菜であれば、毎日の食事に取り入れてもダイエットに大きなマイナスにはならないでしょう。

また先ほど紹介したような、炭水化物類やお菓子・デザートなども、ダイエットをストレスフリーで続けるために、人によっては必要かもしれません。
食べ過ぎてしまうとせっかくの努力が水の泡になってしまうので、「週に1回この時間・この量だけ」と具体的に計画して食べることが大切です。

2017年08月22日 1027view
関連豆知識 : ダイエット
   
関連エントリー
人は食事で全てが満たされた気になる?満たされない欲望と過食の関係性
「ストレス太り」という言葉を耳にしたことがあるという人は多いと思います。 このストレス太...
炭水化物ダイエットとはまた違う!冷えた炭水化物によるダイエット
いろいろなダイエットがある中で、最近注目されているダイエットが冷えた炭水化物ダイエットです...
脂質よりも要注意な炭水化物!ダイエット成功は米を減らすことから!
運動しても全然痩せない・・・。 途中で体重が減らなくなり挫折してしまう・・・。 一度痩...
下半身太り解消!「また割り」ストレッチ法
下半身を引き締めたいと思う人は、股関節の柔軟性を高めるといいです。 柔軟性を高めることで...
厳しい食事制限をしなくても痩せられる!?チョイ食べダイエット
ダイエットと聞くと厳しい食事制限を思い浮かびやすく、いざ張り切ってやってみたものの、三日坊...
Copyright (C) よろず
閉じる