美容・健康の豆知識

ストレスをコントロールする方法

ここでは、ストレスをうまくコントロールする方法をご紹介します。
そもそも「ストレスをコントロールする」とはどういう意味なのかや、無視できないその重要性についても解説します。

ストレスコントロール=ストレスを我慢する、ではない

ストレスを抱えている人が増えている現代社会で重視されているのが、ストレスコントロールの概念です。
文字通り、自分に降りかかるストレスをコントロール(操る)力のことですが、この力を「ストレスに耐える力」と勘違いしている人は少なくありません。

[ストレスコントロールとストレス耐性は別のものです。]
ストレス耐性とは、「ストレスがかかった時にどれくらい我慢できるのか?」という概念です。

一方、ストレスコントロールは次のような考え方です。

・ストレスから逃げる方法を身につける
・自分がストレスを受ける原因(=ストレッサー)を知る
・ストレスに対する認識を転換する

職場や友人との人間関係や膨大で複雑な仕事などでストレスを多く感じる現代人には、単にストレスに耐える力ではなく、自在にコントロールできる力が求められています。

ストレスをコントロールする重要性

ストレスをうまくコントロールできずに、耐えるだけの毎日を送っていると、疲れやイライラとなって次第にストレスが蓄積されていきます。
ストレス耐性の幅は人によって差がありますが、ストレスが飽和状態になってしまうと単なる疲れやイライラだけではない症状が起こります。

代表的な症状は、うつ病、統合失調症、アルコール依存症、パニック障害といったものです。
また、こうした精神面への悪影響だけでなく、身体への悪影響が出る場合もあります。
例えば、全国健康保険協会が注意を喚起している「過敏性腸症候群」は、ストレス過多の現代で急増している病気で、腹痛や下痢などが繰り返し起こる大腸の病気です。 (参考:

その他、血圧が上がることによる動脈硬化や脳卒中などもストレスが原因で起こり得る、深刻な身体の病気です。

さて、ストレスをうまくコントロールする重要性はおわかりいただけたところで、「どうすればコントロールできるのか?」について見ていきます。

ストレスをコントロールする方法 5つ

○ストレスの原因を知る

ストレスをコントロールするには、まず「自分が何にストレスを感じているのか?」を把握することが必要です。
上司の〇〇さんとの人間関係、難しい仕事内容、将来へのお金の不安、など、人によって千差万別だと思います。
自分が思い当たるストレスを紙に書き出して明確化することで、より具体的に原因を知ることができるはずです。

○ポジティブ思考を習慣づける

把握したストレスの原因(ストレッサー)に対して、ポジティブな捉え方に変えていくこともストレスコントロールの1つです。
先ほどの例で言えば、「〇〇さんとの人間関係をうまく作れれば、この先どんな人とでもうまくやっていけるはず!」と対人スキル向上のためのトレーニングと捉えたり、「お金の不安を取り除くために仕事を頑張ろう!」とモチベーションに変えたりしながら、ストレスをプラスに転換していくことが大切です。

○怒りや不満を外に出さない

ストレス解消のために、怒りや不満を外に撒き散らす人がいますが、これは誤ったストレスへの対処法です。
ストレスは怒りや不満として外に出すほど、増幅されるものだからです。
よくドラマや漫画などで、「サンドバッグに嫌いな人の顔写真を貼り付けて殴る」といったストレス発散方法がありますが、実践しないようにしましょう。
ポジティブに転換する、軽い運動をする、趣味に没頭する、といった形でコントロールすることが賢い方法です。

○自律神経を休ませる

過剰なストレスは自律神経の乱れを生じさせます。
そして自律神経の乱れは、不眠、頭痛、肩こり、倦怠感、吐き気といった症状を引き起こします。
こうした症状がさらに外からのストレスを感じやすくさせやすくするため、負のループが生まれ、ますますストレスが溜まっていくことになります。
そこで、ストレスをコントロールできる心と身体の余裕を作るためには、自律神経を休ませることが重要なのです。
自律神経は、栄養のある食事、規則的な睡眠、軽い運動、といった生活習慣をつけることで休ませることが可能です。

ストレスには良い面もある

適度なストレスは、人間の行動力や認知能力といった力のパフォーマンスを上げるためには必要なものです。
ですから、ストレスを全くの0(ゼロ)にすることを目標にするのではなく、ストレスとうまく付き合っていくことに目を向けましょう。
そのために、ここで紹介したストレスコントロールの概念と4つの方法を参考にしていただければ幸いです。

2018年05月16日 3718view
関連豆知識 : 健康 病気
   
関連エントリー
翌日に疲れを残さない 寝る前のストレッチ
ストレッチとは正式名称をストレッチングと言います。ストレッチングとは、@s2@意図的に筋肉...
休日に確実に疲労回復する方法
休日に疲労を回復させるための方法について、間違った知識を持っている人は少なくありません。
介護の不安・負担を軽くするための予備知識
「自分も親も、まだ若いから大丈夫!」と、介護の問題を他人事のように考えている人は多いようで...
便秘の意外な解消法
何日もお通じがないと、お腹が苦しくなって不快です。便秘はひどくなると集中力が低下したり頭痛...
口臭の原因を知って予防・改善をしよう
口臭は人間関係まで壊すこともあると言われています。やはりさわやかな息は誰でも気持の良いもの...
Copyright (C) よろず