美容・健康の豆知識

「朝食抜き」は太る原因!?痩せたい人こそ朝食を摂るべき3つの理由

痩せている人こそ朝食を摂っている!

一時期、「朝食抜きダイエット」がブームになりました。文字通り、朝食を食べずに1日の摂取カロリーを減らすことでダイエットを目指す、というものです。
しかし近年は、この朝食抜きダイエットがあまり勧められない流れになっています。

20〜30代のオフィスワークの女性健の標準カロリー摂取量の目安は、1650〜1750kcalと言われています。健康的に痩せている女性の中には、朝食を摂った上でこのカロリーを上回ることなく、しっかりと朝食を摂っている人が増えています。
もちろん、「ただ食べればいい」わけではありません。具体的に「どんな朝食メニューがおすすめなのか?」については後半で紹介します。

そもそも、朝食を抜くことには以下のようなデメリットがあります。

・身体の基礎代謝力が落ちる
・身体が、より糖を吸収しやすくなる
・ストレスや疲れが溜まりやすくなる

これらを踏まえて、健康的なダイエットにはなぜ朝食が重要なのかの理由を解説します。

ダイエットにはなぜ朝食が重要なのか?3つの理由

○基礎代謝をアップさせる

基礎代謝とは、筋肉や内臓が何もしていなくても消費し続けているエネルギーのことです。
呼吸や心臓の鼓動もそのうちに入ります。個人差はありますが、基礎代謝によるエネルギー消費は、人の消費カロリーの6〜8割を占めるとも言われます。

朝食を抜くと、血液の流れが不活発になり基礎代謝が落ちます。つまり自動的に行われるはずのエネルギー消費が行われないのです。
少量のカロリーでも生命を維持できるように身体が反応するためだと考えられています。

基礎代謝の低下は冷え性にもつながります。すると連鎖的に、血流が滞る→太りやすくなる、といったデメリットにつながることになります。
2017年6月11日の産経ニュースに、専門家による、働く女性を対象とした「冷え」の調査に関する記事があります。
これによると、朝食を週の半分以上食べている人で冷えが起こっている人が27.2%であるのに対して、週の半分以下しか食べていない人は2倍の55.0%に達した、という結果となったそうです。

○空腹状態は糖の吸収率をあげる

朝食を抜くということは、前日の夜から何も食べていない状態になります。そうなると人間の身体は飢餓状態と勘違いします。
昼食や間食で摂った栄養の吸収率が通常以上に高まるため、当然、太る原因である糖の吸収も上がることになります。
事実、国立ガン研究センターから、朝食を抜くと肥満や脂質異常のリスクが上がる、という研究結果も報告されています。

○ストレスや疲れを軽減できる

朝食を抜いてエネルギーが減ると、低血糖の状態になります。そうなると集中力が落ちる、マイナス思考になる、ストレス・疲れが溜まりやすくなる、といった弊害につながります。
過去に、「ストレスや疲れが原因で暴飲暴食に走った経験がある」という人は、特に朝食抜きダイエットへの取り組みには注意する必要があります。
また、これも国立がん研究センターによる調査ですが、1週間あたりの朝食回数が少ないと脳卒中のリスクが高まる可能性がある、という結果も出ています。

【参考】
https://epi.ncc.go.jp/jphc/~
https://www.sankei.com/premium/~

おすすめの朝食メニュー

○シリアルの場合

手軽さから朝食でシリアルを選ぶ人は多いでしょう、シリアルはダイエットにも効果的な食べ物で、炭水化物、ビタミン、鉄分などがバランス良く含まれています。ただタンパク質がないのが弱点なので、牛乳やヨーグルトと一緒に食べることで補うことができます。

○パンの場合

ダイエットを目指すなら「朝食にパン」は、基本的にはおすすめできません。パンはご飯に比べて腹持ちが良くない上に、カロリーが高いためです。
惣菜パンや菓子パンは、特にカロリーが高い種類です。もしパンを食べるのであれば、味が薄めで硬めのパンや食物繊維が豊富な全粒粉入りのものがおすすめです。

○和食の場合

ご飯(米)はダイエットに適していないと認識している人がいますが、そうではありません。確かに食べ過ぎは太る原因ですが、ご飯には少量でも満腹感を得られる且つ腹持ちがいいという特徴があります。健康的にダイエットしたい人には、むしろ最適な食品です。
また、血糖値を上昇させるスピードが穏やかなため、脂肪を増やす原因であるインスリンの分泌を抑えてくれるという特徴もあります。

特に玄米がおすすめです。血糖値の上昇スピードを計ったものをGI値と言いますが、玄米はこのGI値が55と非常に低いです。
白米は81、食パンは91であることから、特に太りにくい食品に分類できます。玄米のようなGI値の低い食品でのダイエットは、低インスリンダイエットとも呼ばれます。
(参考:http://dietmart.net/~

ここで紹介した朝食抜きのデメリットやおすすめの朝食メニューを参考にして、ぜひ健康的なダイエットを実践してください。

2018年08月24日 3849view
関連豆知識 : ダイエット
   
関連エントリー
意外!ダイエット中やってはいけないこと
ダイエットのつもりでやっていることが、実は逆効果になっていることがあります。誤解されがちな...
「朝食抜き」は太る原因!?痩せたい人こそ朝食を摂るべき3つの理由
一時期、「朝食抜きダイエット」がブームになりました。文字通り、朝食を食べずに1日の摂取カロ...
炭水化物ダイエットとはまた違う!冷えた炭水化物によるダイエット
いろいろなダイエットがある中で、最近注目されているダイエットが冷えた炭水化物ダイエットです...
ジョギングがダイエットに効果的な本当の理由と正しい実践方法
「健康的にダイエットがしたい!」と望んでいる人は多いです。そんな人たちが、まず思いつくのが...
自宅で手軽にできる筋トレ方法 筋トレの本当のメリットとは?
「ボディメイク」なる言葉も生まれている近年。筋トレについて多くの人が持っているイメージは、...
Copyright (C) よろず