美容・健康の豆知識

寒い季節に安眠するには?間違った知識は健康・美容リスクのもと!

安眠はなぜ重要と言われるのか?

睡眠が重要というのは、今や私たちの常識になりました。
この常識をもっと正確にあらわすと、毎日ぐっすり眠れること=安眠が重要、ということになります。
誰しも一度は、「何度か目が覚めてしまい深く眠れなかった」という経験があるでしょう。ひどい人なら、「ここ数年、ぐっすり眠れたことがない」という人もいるかもしれません。

厚労省によると、不眠症は国民病とも言われており、調査では5人に1人が「睡眠で休養が取れていない」、「何らかの不眠がある」と回答していることがわかっています。
事実、不眠のために睡眠薬を服用している人は、通院している人の20人に1 人に上るそうです。
(参考:厚労省「e-ヘルスネット」

さて、安眠が重要と言われるのは、以下のような理由からです。

・疲労回復
・ストレス解消
・うつ病予防
・新陳代謝の促進
・肌のターンオーバー向上
・肥満防止

特に冬の寒い季節は、寒さから来る肩こりや冷え性、師走で忙しい仕事のストレスなどから、安眠しづらくなる人が少なくありません。
安眠によって上記のプラス効果を得るためには、寒い季節だからこそ実践したい5つの安眠方法があります。

安眠のために実践したい5つのポイント

○重ね着しすぎない

重ね着しすぎると、身体の熱が体外に放出されにくくなります。汗の蒸発を妨げ、体温調節が適切にされないことで寝苦しくなるなどの、デメリットが生じます。
また寝る姿勢をスムーズに変えにくくなるため、肩こりや腰痛などを引き起こしかねません。

○体を温める

身体が冷えている状態は、スムーズに入眠しにくい状態です。
血行が収縮して身体が緊張状態になっているため、睡眠時に優位になる副交感神経の働きが弱まり、安眠が阻害されてしまうのです。
身体を温めるには、やはり入浴が有効です。寝る約2時間前に、40度前後のぬるめのお湯に15〜30分ほど浸かるのが効果的と言われます。
(参考:花王ヘルスケアナビ

○布団を温めておく

冷えた布団に入ると、当然、身体の温度も下がります。電気毛布や湯たんぽなどを活用して、寝る前の布団の温度を温めておくことがポイントです。
また、湯たんぽには徐々に温度が下がっていく性質があります。
そのまま寝ても、身体を温め過ぎる可能性が低いので、オススメです。電気代がかからない点もメリットです。

○布団は軽いものを選ぶ

冬はついつい布団を何枚もかけたくなりますが、重さによる不快感が、安眠を妨げてしまうこともあるので注意が必要です。
羽毛布団や毛布はできるだけ軽いものを選ぶようにして、身体にかかる負担を軽減するようにしましょう。

○グッズ活用

近年は、50度程度のお湯でも6時間温かさが続く質の高い湯たんぽ、顔の乾燥を防ぐために鼻や首をガードするマスク型のカバー、冷え性対策のための靴下・レッグウォーマー、といった様々なグッズが市販されています。
こうしたグッズを積極的に使うことも、寒い季節に安眠するために知っておくべきポイントです。

その他、気をつけるべきこと

安眠について、間違った情報を持っている人は少なくありません。
以下の3つは、反対に夜の安眠を妨げてしまう原因なので注意しましょう。

○就寝前の激しい運動

身体と脳が覚醒して入眠しにくくなる

○就寝前にアルコールを飲む

一時的には眠くなるが、時間が経つと覚醒しやすくなる

○日中・休日に“寝溜め”する

一日の睡眠のリズムが崩れて、夜に入眠・熟睡できにくくなる

特に、寒い季節に眠れないときは、無理なランニングや飲酒で身体を温める、朝から昼間まで長い時間布団に入る、といった自己流の方法で解決しようとしがちです。
他にも喫煙やスマホの使用もNGと言われる原因なので、注意が必要です。
「しっかり注意しているのに、長期間ぐっすり眠れていない」という人は、診療科・精神科、睡眠クリニックなどに通うことも検討してみましょう。

2019年01月09日 1145view
関連豆知識 : 健康 冬季 美容
   
関連エントリー
朝、気持ちよく起きるには?
同じ時間寝ていても、どの時間帯に睡眠をとるかによって起きた時のスッキリ感が違います。 一...
虫歯や口臭の原因になるドライマウス
ドライマウスはいわゆる口が渇く症状ですが、目の乾くドライアイの人はなりやすいともいわれてい...
植毛ってどんな仕組み?自毛と人工どちらがおすすめ?
ここでは植毛について、メリットやデメリットも含めて、詳しく解説していきます。 薄毛に悩ん...
鬱になりそうなときは嫌でも外に出ること
鬱になりそうなとき、鬱状態かなと思ったときには、無理にでも外に出ることが大切と言われていま...
仕事や就活でうつ病になりやすい人の3つの特徴とは?解決策も紹介
深刻な現代病の1つと言われる「うつ病」。 ここで言ううつ病とは、10代の若者によく使われ...
Copyright (C) よろず