美容・健康の豆知識

植毛ってどんな仕組み?自毛と人工どちらがおすすめ?

植毛はなぜブームなのか?

ここでは植毛について、メリットやデメリットも含めて、詳しく解説していきます。
薄毛に悩んでいる人は、性別・年齢問わず増えています。

特にAGAと呼ばれる男性型脱毛症に悩む人は多く、市販の育毛シャンプーや育毛剤、手軽にできる頭皮マッサージなどへの関心も高まっているようです。
AGAスキンクリニックが20代以上の男性1030人を対象にした調査によると、「薄毛や抜け毛を気にしている人」は、全体の48.8%に上るという結果が出ています。
(参考:AGAスキンクリニック

こうした実態から、近年特に人気を集めているのが植毛です。植毛は、自分で行う育毛剤やマッサージとは違い、短い期間でほぼ確実に結果を出せる治療法です。
また植毛は、増毛と混同されることも多いですが、2つは別物です。
次に、その違いについて、植毛の仕組みについて解説しながらご紹介します。

植毛の仕組みと増毛との違い

植毛とは、頭皮に自毛もしくは人工の髪の毛を植え付ける治療法のことです。男性ホルモンの影響を受けやすく、薄毛・抜け毛になりやすいのは前頭部や頭頂部と言われます。
その部分に、ホルモンの影響を受けにくい後頭部や側頭部の髪の毛(ドナー)を移植することで薄毛を改善するのが、植毛の基本的な仕組みです。
人工の髪の毛を使用する場合は、ナイロン・ポリエステルなどの合成化学繊維で作られた髪の毛を、薄毛の部分に移植します。

一方、増毛は、今ある髪の毛に人工の髪の毛を結びつけたり、人工の髪の毛が付けられた特殊なシートを頭皮に貼り付けたりすることで、髪の毛を増やすものです。
つまり増毛は、直接頭皮に髪の毛を移植する植毛とは違い、医療行為には当たらない(医師以外でも施術ができる)という点で、大きな違いがあります。

自毛植毛・人工植毛のメリットとデメリット

はじめての植毛を検討している人に向けて、自毛植毛と人工植毛、ぞれぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

○自毛植毛のメリット・デメリット

自毛植毛は自分の髪を使う治療であるため、移植による拒絶反応が起こりにくいことがメリットです。
また、側頭部や後頭部は、薄毛を誘発する酵素である、5αリダクターゼの影響が少ないと言われます。
つまり移植後は、薄毛や抜け毛が再発・悪化する可能性が低くなる、ということになります。
ただし、AGAが広範囲に広がっていたり、頭皮の細胞が弱ってしまっている場合は、自毛で薄毛を補うのは難しくなります。
また、自毛植毛は原則、保険適用外なので費用が高くなりがちです。この2点が、自毛植毛のデメリットと言えます。

○人工植毛のメリット・デメリット

人工植毛のメリットは、可能な限り自分の理想の髪型を実現できるという点でしょう。自毛とは違い、理想の髪の色や長さを調節することができるため、髪型にコンプレックスが強い人にとっては有効な選択肢になるはずです。
デメリットとしては、人工の髪の毛の素材は合成繊維であるため、拒絶反応が起こる可能性がある点です。
皮膚にとってナイロンやポリエステルは異物です。体質によっては炎症などの症状が出ることもあります。

クリニックを選ぶ際の注意点

AGAクリニックの違いによって、治療期間や治療結果、かかる費用などが大きく変わることもあります。
失敗しないクリニック選びを実践するためには、以下の5つのポイントは最低限押さえておく必要があります。

○口コミでの評価が高い
○医師の実績が豊富
○カウンセリングが丁寧
○高額な治療法ばかり提案してこない
○アクセスが良く通いやすい

特に重要なのは、体験者による口コミ等の評価医師の実績です。口コミ評価はクリニックのホームページなどには載っていない、リアルな体験談や意見が書かれているので参考になります。
また、医師の実績が豊富ということは、AGA治療で結果を出してきた信頼できるクリニックの証でもあります。
「ただ近いから」、「治療費が一番安いから」という理由だけで選んでしまうと、期待する成果が出ず失敗につながるリスクも高まるため、慎重に選ぶことが大切です。

カウンセリングからはじめてみよう

薄毛や抜け毛に悩む人の多くは、不安感や恥ずかしさから、なかなか行動に踏み出せない場合があります。
治療をするかどうか迷っている人は、まずはカウンセリングから受けてみましょう。多くのAGAクリニックでは無料で受けることができます。
複数のクリニックのカウンセリングを受けて、費用や医師の雰囲気を比較することで、不安を取り除くことができるはずです。
また比較した上で選ぶことは、失敗のないクリニック選びにもつながります。

2019年03月01日 1799view
関連豆知識 : 育毛 美容
   
関連エントリー
恋人にしたい女に!男ウケするファッションでモテ女を目指そう
人に対する印象ってどこで決まるかわかりますか? 電車の中や歩いている人を見渡してみましょ...
ドライヤーは頭皮に悪いのか?
ドライヤーは特に乾燥した頭皮の人にとっては、あまり好ましく感じないものではないでしょうか。...
寒い季節に安眠するには?間違った知識は健康・美容リスクのもと!
@s2@睡眠が重要@/s2@というのは、今や私たちの常識になりました。 この常識をもっと...
育毛剤の正しい使い方と自分でできる3つの対策
抜け毛・薄毛になる原因のトップは「遺伝」です。 西洋医学の分野では、遺伝的に男性ホルモン...
多汗症かもしれない?
多汗症という病名は、何となく聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
Copyright (C) よろず