美容・健康の豆知識

百害あって一利なしは本当?喫煙のメリットとは?

タバコは本当に害しかないのか?

タバコの害は、周知の事実です。 吸い続けることで、動脈硬化や発ガンリスクが高まり、体の健康を損なうことがわかっています。 では、喫煙にはメリットはないのでしょうか?
ここでは、そんなタバコに関してちょっと視点を変えてメリットについて、取り上げてみたいと思います。

喫煙のメリットについて

喫煙習慣のない人は、タバコは絶対に吸わないほうがいいでしょう。 ですが、吸っていた人や現在も吸っている人は、タバコを吸う事にメリットを感じているのではないでしょうか?
例えば、食後の一服なんかは、タバコを吸う人にとって至福のひとときです。 また、運動など一汗かいた後に吸うタバコはこれまた格別な味でしょう。
なぜ食後や運動後にタバコが欲しくなるのかというと、ニコチンが運動や食事によって体内から失われていくからです。 そのため、喫煙者はタバコを吸うたびに満たされた感覚を味わえます。

タバコを吸うことで集中力は上がるのか?

喫煙者は、タバコを吸うことで気持ちが満たされて集中力が上がります。 また、タバコには脳をリラックスさせる作用がありますので、考え事をしている時には一服をすると、気持ちを落ち着かせる効果があります。

タバコを吸うと痩せるのか?

喫煙者は食後にタバコを吸うことで、それ以降食欲がおさまります。 喫煙者が禁煙をすると、食事が終わったというシグナルを体に与えないため、必要以上に食べてしまう傾向があり、そのため禁煙すると太るといわれています。

体の害を伴っても吸っていいものかどうか

タバコのメリットを探すというおかしな着眼で取り上げましたが、体には確実に悪いということを認識しておかなければなりません。 「緩慢なる自殺」といわれているように、タバコは確実に自分の寿命を短くします! これまで喫煙してこなかった人は、これからも吸わない方がいいし、試しに一本もやめたほうがいいです。
また、これまで喫煙してきた人は、実は、ここで取り上げたことは、頭の中に思い浮かぶ、禁煙できないことに対するいいわけなんですね。 この「いいわけ」との対決が、禁煙を成功できるかどうかの分かれ道になるでしょう。

2013年07月02日 39941view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : タバコ 健康
   
関連エントリー
ヨガの種類とその効果は?自分にぴったりのヨガを選ぼう
5000年以上も昔のインドで行われていたヨガは、中国へ渡り、アメリカのセレブたちの間で流行...
「過労死」しやすい5つのタイプ
過労死というと、ブラック企業とか、企業側の問題のように思われがちですが、「過労死しやすい性...
鬱になりそうなときは嫌でも外に出ること
鬱になりそうなとき、鬱状態かなと思ったときには、無理にでも外に出ることが大切と言われていま...
あなたの息は臭くない!?正しいマウスケア
口が臭いと思ったら、虫歯や歯磨きを意識する人は多いと思います。 唾液の分泌量なども口...
飲みすぎた次の日にオススメの二日酔いを解消するご飯
二日酔いは、@s2@お酒の飲み過ぎで起こる身体の異常@/s2@です。 ですが、なぜ二日酔...
Copyright (C) よろず