恋愛・結婚の豆知識

相手に好かれる話術

会話を楽しくする秘訣

相手に好印象を持ってもらいたいのは、誰しも同じですよね。特に自分が好意を持っている相手ならなおさら。 『会話』に注目してみましょう。少しの気遣いと工夫で、今よりもっと素敵な会話が出来るようになるかもしれません。

話しやすい雰囲気作り

人と話をする時にまず気をつけたいのが『話しやすい雰囲気作り』です。 イライラしていたり、他の事をしながらの会話では、相手も気持ちよく話が出来ません。 話をする場所にもできるだけ気をつけましょう。騒がしい場所や、暑い・寒い等の環境では 落ち着いて会話が出来ません。

相手の話を聞く

相手が話をよく聞いてくれると、会話が弾んだり、たくさん話したりしますよね。 自分の話を楽しそうに聞いてもらえるのですから、それも当然です。 聞き上手になるには、相手の話を理解するよう心がけましょう。いくら一生懸命に話を聞いていても『実は内容を理解していません』 ではまさに話になりません。会話の内容に対しての感想や意見がうまく言えるようになれば会話も弾みます。相手に沢山話しをさせてあげる事にも注意してみましょう。 相手の話を遮って自分が話し始めるような事はできるだけ避けてください。

否定は禁物

相手の話を否定しない事も重要です。 例えば『私は~が好きなんです』と言われ『~って面白くないよね』などの否定的な回答が帰ってきたら、続きを話す気も薄れてしまいます。 自分の好みや考えを押し付けるのではなく、まずは相手の気持ちや考えをしっかりと理解したうえで、会話を進めましょう。

相手への気配り

一番大切なのは相手が話をしていて楽しく感じてくれるかと言う事です。 相手によっては会話の内容や聞き方だけでなく、 ちょっとした仕草や目線が大切な事もあります。 過度な気遣いは返って逆効果になる場合もありますが『相手の気持ちを考える』と言う行為が大切です。

この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
   
関連エントリー
冬こそ恋愛のチャンス
「春は恋の季節」というのは昔の話。ある統計によると、一番デートしたい季節は「冬」という結果...
夫だけじゃない!妻達の起こすDV
DV(ドメスティック・バイオレンス)の被害者は妻だけでなく、夫が被害を訴えるケースがあるよ...
奥手な彼をその気にさせるには
告白は彼からだけど付き合ってあれからはや10カ月…。いまだに手をつなぐ位。それ以上の関係に...
ケンカした後の上手な謝り方
恋人とケンカをした後の謝り方は、意外に難しいものです。 「とりあえず、謝っておこう」...
付き合っていて癒される女性の特徴
「癒し系」などと呼ばれますが、一緒にいると癒される女性のタイプというものがあるようです。
Copyright (C) よろず
閉じる