恋愛・結婚の豆知識

「男の嫉妬」と「女の嫉妬」の違い

「男の嫉妬」と「女の嫉妬」

「男の嫉妬は、女のものより強い」などと言われますが、女は男の浮気で相手の女性を恨み、男は自分の恋人を恨む傾向があるようです。

それというのは、男に愛情のある女は「誘惑した女が悪い」と考え、女に愛情のある男は「誘惑に負けた(自分の)恋人が悪い」と考えるからではないでしょうか? 恋人に愛情がない場合は、「しょせんその程度の相手だった…」とあきらめがつくようです。 嫉妬の感情が強ければ強いほど、そこに“愛”があると言えるかもしれませんね。

男の嫉妬

男は女よりプライドが高いので、「嫉妬しているときの自分は、周囲からどう見られているのか」を意識します。 その結果、女と二人きりでいるときは、あからさまに嫉妬したりしますが、大勢の人がいる場では、嫉妬心をおさえることができるみたいです。 嫉妬している「カッコ悪い自分」を見せたくないという気持ちがあります。
男性はおさえているだけで、ヤキモチを妬いていないということでもないようなので、女性はそのへんを誤解しないようにしたいものです。

女の嫉妬

女の嫉妬は、自分と実力や能力が同格の者に向けられるため、わかりにくかったりします。 はるかに自分より実力や能力が上の相手に対しては、嫉妬しても勝てないと思うからか、対抗心を燃やさないみたいです。 ありがちなのは、仲良くしている女友達に嫉妬して、なにかと裏で足を引っ張ろうとすることです。
表面的には仲良しでも、いないときに悪口を言っているところを見ると、女って怖いな…と思います。

2014年05月09日 69069view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
   
関連エントリー
子連れバツイチだからこそ幸せな再婚ができる!
1度離婚を体験すると、「バツイチだから結婚はなかなか難しい」と思ってしまう人も多いようです...
KY(空気の読めない人)との付き合い方
空気の読めない人とは、人の気持ちがわからない、まわりの状況に合わせられない人のことです。 ...
告白が成功しやすい「場所」および「時間帯」
好きな人に告白しようと考えたとき、成功しやすい“場所”と“時間帯”があります。
苦手な上司がいるあなたへ!上手に付き合うための5つのコツ
近年、転職がブームになっていますが、転職や退職理由の1つに「人間関係が上手くいかないから」...
アポイント獲得の確率をアップさせる営業術 5つのポイントと注意点
アポとは、アポイントメントの略で「面会の約束」を意味します。営業職に従事していて、@s2@...
Copyright (C) よろず