恋愛・結婚の豆知識

ハゲが加速する10の悪い習慣

10の悪い習慣

一本何万円もする高価な育毛剤を使っていたり、国内販売されていない商品を海外から個人輸入している方も少なくないと思います。 抜け毛を予防するには、髪の毛と頭皮の状態を良くする生活を行うことが大切です。 そこで、ハゲが加速しそうな10の悪い習慣をあげておきます。

脂っぽいものを好んで食べている

脂っぽいものを食べすぎると皮脂の分泌が増えて、毛穴が詰まる原因になります。 髪の毛はたんぱく質でできているので、卵や大豆製品のような「良質のたんぱく質」を多く摂ることが重要です。
また、育毛剤には海草の成分が含まれているものが多いことからもわかるように、わかめや昆布などに多いミネラルを摂ることも必要です。 ただ、髪の毛に良いからといって海草などばかり食べていても栄養が偏ります。バランス良く食べましょう。

ダイエットをしている

ダイエットは栄養不足につながります。栄養は身体の重要な部分から順番に補給されていきますから、髪の毛まで届かなくなるおそれがあります。 食べすぎている上でのダイエットなら効果的かもしれませんが、栄養バランスを考えたプログラムで計画的に行うようにしましょう。

飲酒、タバコを吸う習慣がある

酒とタバコも、育毛に悪影響を与えます。とくにタバコは、喫煙で毛細血管が細くなり、血行が悪くなります。
また、お酒は飲むと血のめぐりが良くなりそうで育毛にプラスなイメージがありますが、飲みすぎれば肝臓に負担をかけます。 本来髪の毛に向かうはずの栄養素がアルコールの分解のために使われることがあるので、適量でおさえるというのがポイントです。

頭皮を洗いすぎている

頭皮を清潔な状態にしておくことは育毛の基本ですが、洗いすぎて皮脂を落としすぎると、過剰に皮脂が分泌されるようです。 よく洗っているにもかかわらず、頭皮が脂っぽい場合は、洗いすぎている可能性があります。

夜ふかしが多い

睡眠不足もまた、育毛にとってよくないみたいです。 髪の毛が育つ時間は夜で、「ゴールデンタイム」と言われる22時~2時の間に熟睡していることが大切です。 この時間帯に成長ホルモンが分泌されますから、このタイミングに合わせて眠るようにするとよいでしょう。

運動不足である

運動不足で血行が悪くなるというのが抜け毛につながります。 あなたが運動嫌いな場合は、日常的に簡単に行うことのできるストレッチなどを取り入れてみてください。

冷え性である

血行を良くすることで抜け毛予防につながりますから、冷え性の場合は、改善が必要です。 野菜や果物などの身体を冷やす食べ物を少なくするとか、身体を温める努力をすることが冷え性の改善に役立ちます。

帽子を愛用している

帽子やヘルメットなどをかぶる習慣のある人は、頭皮のムレに注意です。 通気性の良くない状態は、髪の毛に悪影響を与えます。また、頭皮に雑菌が繁殖するような状態を作ります。

髪の毛をひとつに束ねている

ポニーテールのような、髪の毛をひとつに束ねたヘアスタイルをしている人は要注意です。 また、いつも同じ分け目で分けていると、そこだけ薄くなることがあります。

イライラすることが多い

ストレスで白髪や抜け毛が増えることが知られています。ある程度の不安や悩みは笑い飛ばす、ぐらいの精神状態の方が良いようです。 また、髪の毛は一日100本程度は抜けるものなので、抜け毛を気にしすぎるのも育毛にとっては逆効果です。 毎日をおおらかに、明るく過ごすことが育毛にとってもプラスになります。


髪の毛が薄くなるには、さまざまな要因が関連しています。 これらの要因をおさえた上で高価な育毛剤を使わなければ、お金がムダになってしまいます。 意識して、良い生活習慣を取り入れましょう。

2014年06月05日 55128view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 育毛
   
関連エントリー
髪が薄くなってきた人必見!今日から使える頭皮マッサージの方法
薄毛が気になってきた人は、病院やサロンに通って少しでも食い止めたいと考えているのではないで...
ヘアカラーと抜け毛の関係
ヘアカラーによって、抜け毛が進んでしまうということはあるのでしょうか。ヘアカラーとの関係を...
ドライヤーは頭皮に悪いのか?
ドライヤーは特に乾燥した頭皮の人にとっては、あまり好ましく感じないものではないでしょうか。...
育毛剤の正しい使い方と自分でできる3つの対策
抜け毛・薄毛になる原因のトップは「遺伝」です。 西洋医学の分野では、遺伝的に男性ホルモン...
Copyright (C) よろず