恋愛・結婚の豆知識

円満に離婚するためにすべきことは!?あとで後悔しないように離婚計画をきっちりと

離婚計画

離婚を考えているからには、「今すぐにでも、離婚届けを叩きつけてやりたい!」ぐらいのなげやりな気持ちかもしれませんが、どうぞ落ち着いてください。 離婚後の生活が十分に想像できていないと、あとで後悔することになります。

離婚後の生活設計はできていますか? 夫婦共働きで、帰れる実家があり、あなたが精神的にタフな人なら問題はありません。 でも、そうでないなら、事前の準備が必要です。

専門家に相談しましょう。

離婚専門の弁護士がいます。まずは、専門家に相談しましょう。 法テラスなど、無料で相談にのってもらえる機関もあります。
多くの人は離婚が本決まりになってから弁護士を探しますが、離婚するかどうかを決めるために、無料の法律相談をご利用になることをおすすめします。 相談したからといって契約しなければならない義務はありませんから、断ることも可能です。
相談することで、離婚後の生活がハッキリと見えてきます。

相手に落ち度がある場合

配偶者の浮気とか、家庭内暴力とか、借金グセがあるなど、相手に落ち度がある場合は証拠固めが必要になるため、簡単に離婚を口に出してはいけません。 なんの証拠もなければ、これらはすべてあなたの妄想みたいなことになりかねないのです。
また、相手が別れたくない場合は、離婚計画を妨害されるおそれもありますから、慎重にことを進めるようにしましょう。

円満に離婚するために

円満に離婚するためには、誰に相談するかの順番が重要です。
まずは、弁護士などの専門家に相談し、次が配偶者、最後に、自分の両親や義理の両親の順番になるかと思います。 部外者である友人などに相談すべきではありません。詮索好きだったり、おしゃべりな友人から話が漏れれば、そこから計画が崩れることもありえます。 誰かにツライ話を聞いてもらいたくなる気持ちはわかりますが、離婚が本決まりになるまでは、じっと我慢することです。

2014年06月27日 12378view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
   
Copyright (C) よろず
閉じる