恋愛・結婚の豆知識

ケンカした後の上手な謝り方

中途半端な謝り方は逆効果

恋人とケンカをした後の謝り方は、意外に難しいものです。 「とりあえず、謝っておこう」という中途半端な謝り方は、人によっては「謝ればいいと思って…」などと誠意がないように見えることがあるので要注意です。

「自分が悪いと思わないのに謝るな!」という逆ギレをされることすらあります。 というわけで、ケンカした後の上手な謝り方についてあげておきます。

相手の性格に合わせる

最初に書いたように、相手によって謝り方が難しい場合があるので、普段から相手がどのようなことで怒るのかを把握しておいてください。 その相手が「許せないと思うポイント」をつかんで謝りましょう。

言い過ぎたことを謝る

内容について謝るのではなく、言い過ぎたことについて謝ります。 ケンカを長引かせたくなければ、どんな形にしろ頭を下げておいた方がいいでしょう。 時間が経つと、謝りにくくなる場合があります。

しばらく距離を置く

ケンカしたばかりのときは、気持ちが高ぶっているので、少し日にちを空けた方がいいです。
立ち直りが早い人と、立ち直りが遅い(根に持つタイプ)がいるので、立ち直りが早い人の場合はすぐに連絡してもいいですけど、遅い人の場合は相手からの連絡を待って動いた方がいいでしょう。

会ってから謝る

電話やメールで謝るのは、やめておきましょう。 特にメールは意思の疎通が難しいツールなので、謝罪の言葉を深読みされるおそれがあります。
電話も、すぐに切ることのできるツールだから、最後まで話を聞いてもらえないことがあるようです。

謝るときは、「本当にすまなかった、仲直りしたい」という気持ちで謝りましょう。
一方的に悪いのは相手で、自分が悪いと思っていない場合は、謝らない方がいいかもしれません。 この場合は、相手の話をよく聞いてください。相手の気持ちを受け入れようという気持ちが大切です。


しかし、つまらないことですぐに怒り、いつまでも根に持ってケンカが長引くような相手とは、この先付き合っていくのに苦労します。 仲直りしにくい相手とは相性が悪いということも言えるでしょう。

2015年04月03日 29124view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
   
関連エントリー
好みじゃない異性に誘われたときの断り方
好みじゃない異性に強引に食事に誘われて、困った経験はありませんか? 「タイプじゃない...
男性が嫌う女性のファッション
女性同士が認め合うようなファッションでも、男性は絶対に認められないというファッションがあり...
彼を家に呼ぼう!恋人ができても困らない部屋づくり
彼が「君の部屋が見たい!」と言う……、そんなこと急に言われても、今からじゃ片づけるのは無理...
恋人と「うまくいくLINE」「破局するLINE」使い方の違いは?
カップルのコミュニケーションには欠かせなくなっているLINE。 ラブラブな気持ちが長続き...
結婚相談所での失敗と成功、結婚相談所はあくまで1つのチャンスにすぎない
結婚相談所を利用するにあたっての失敗とは?  また成功するにはどんなことを注意すればいい...
Copyright (C) よろず