恋愛・結婚の豆知識

KY(空気の読めない人)との付き合い方

空気の読めない人

空気の読めない人とは、人の気持ちがわからない、まわりの状況に合わせられない人のことです。 「言っていいこと」と「悪いこと」の区別がつかず、“天然”などと言われることもあります。 しかし、マイペースで悪気のない人も多いので、付き合い方さえわかれば、それほど気にならなくなるかもしれません。

常識は通用しない

空気の読めない人には、一般的に言うところの“常識”が通用しないことがあるので、よく説明してあげてください。 わかっているつもりで話すと、会話が通じないことがあります。

冗談がわからない

へたに冗談を言うと、馬鹿にされたと思うのか怒らせることがあります。 空気の読めない人には、つまらないジョークを話さず、真面目に接しましょう。

人の話を聞いていない

空気の読めない人は、人の話を聞いていないことがあるので、重要な用件についてはくどいくらいに確認してください。 自分なりの解釈をして違った内容で記憶している場合もありますから、間違った内容で伝わっていることなどもあるみたいです。

メールで伝える

会話だと食い違っていることがあることから、大事な用件はメールで伝えた方がいいかもしれません。 メールなら内容も残るので、後で言った言わないという争いも少なくなるでしょう。

口に出してハッキリ伝える

空気の読めない人には、遠まわしで言っても伝わりませんから、ハッキリ言ってください。 ただし、空気が読めなくても傷つけますから大勢の前ではなく、本人とふたりだけのときがいいと思います。

2015年05月15日 10493view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : コミュニケーション
   
関連エントリー
男性がワリカンにする理由
はじめてのデートで、男性にワリカンだと言われたらどうでしょうか? 「気を遣うのは嫌だ...
意外と気づかない?間違いやすい二重敬語
ビジネスの場において、敬語は必須のスキルです。ただ、間違った敬語を、日常的に当たり前のよう...
国際結婚でありがちなトラブル!?
国際結婚といっても、付き合っている人の国によって事情は異なります。 相手の人柄を理解...
好みじゃない異性に誘われたときの断り方
好みじゃない異性に強引に食事に誘われて、困った経験はありませんか? 「タイプじゃない...
メンドクサイ!かまってちゃんとの付き合い方
かまってちゃんは、周囲の人にかまってほしくてあらゆるアピールを繰り返します。 他人の...
Copyright (C) よろず
閉じる