恋愛・結婚の豆知識

子育てに興味のない夫、イクメンへの育て方

父親も子育てに参加

子供が生まれたら、女性はイヤでも母親にされますが、父親になりきれない夫がたくさんいるようです。 子供が泣いているのに、「おい、泣いてるぞ!」と妻に世話を押しつけ、子供のそばに寄ろうとしない場合があります。

放っておいても進展はありませんから、妻が指導する必要があるかもしれません。 妻は妻でこれまたどう育てていいのかがわからず、手探り状態で子供を育てている場合があるので、専門家のアドバイスが必要でしょう。

子供嫌いの男性

子供と遊ぶのが苦手……という男性がいます。
独身時代から子供が苦手だったとしても、他人の子供と自分の子供は違いますし、子供の成長に関わるというのは楽しいものです。
しかし、もともと子供に苦手意識を持つ男性にとっては、泣いてる子供と接したり、面倒なことが発生すると、ますます子供と接するのがイヤになってしまいます。
とりあえず、子供の洋服を着替えさせたり、簡単なところからはじめましょう。

子供になつかせる

男性を良きパパにするかどうかは、子供がなつくかどうかにかかっています。
男性の身体より女性の身体の方がやわらかいので、子供がパパになつかないことも考えられます。 自分になついてくる子供は可愛いので、面倒をみる気になるかもしれません。

イクメン教室に参加

イクメンなどという言葉が出ているだけあって、あちこちでイクメン教室が開催されています。 夫をイクメン教室に参加させましょう。二人で一緒に参加するのもいいです。
妻が言うことは素直に納得できなくても、イクメン教室に参加して、先生の言う言葉なら聞き入れてもらえるかもしれません。 プロに説得してもらってください。すぐには理解できなくても、子育てについて考えるきっかけぐらいにはなるでしょう。

2015年09月04日 6024view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 育児 恋愛テクニック
   
関連エントリー
恋人に冷める瞬間
先週までラブラブだったのに、今週に入って突然の別れ話。 いったい彼に何があったの?
結婚するとたいへん!家事や育児を手伝おうとしない夫
結婚後に、家事や育児をまったく手伝おうとしない夫がいます。 このような夫の思考回路で...
失敗しないデートプランの立て方
はじめてのデートは、女性をどこへ連れていこうかと頭を悩ませるように思います。
恋愛できない女性って幾つかのパターンがあった
恋愛をしてもなかなか続かない、失敗ばかりという女性もいるようです。 さてそんな女性にはパ...
子連れバツイチだからこそ幸せな再婚ができる!
1度離婚を体験すると、「バツイチだから結婚はなかなか難しい」と思ってしまう人も多いようです...
Copyright (C) よろず
閉じる