恋愛・結婚の豆知識

勢い離婚はダメ!よく考えて行動しないと後悔するかも

「もう我慢できない!離婚してやる!」
「離婚届を突きつけてやろうか!」

その行動、チョット待った!

相手の生活態度への苛立ちや、ケンカした勢いで、離婚届を突きつけてやりたいと考えているあなた。

勢いで離婚届を突きつけるのは後悔を生むことになりかねません。

本当に離婚したいのであればしっかりと計画を建てるべきです。

また、離婚したいわけではなく生活態度を改めさせるために「離婚」という言葉を使うなら、そのリスクをしっかりと理解しておかないと大変なことになります。

この記事では勢い離婚の危険性や、離婚という言葉を出すことのリスクについて見ていきます。

離婚届を突きつけるリスク

「離婚届を突きつけてやる!」と思ったあなたは、相手のどのような反応を望んでいますか?
「夫に態度を改めてほしい」と考えるなら、離婚届を突きつけたり「離婚」という言葉を口にするのはリスクがでかすぎます。
これは離婚という言葉を脅迫に使っている状況です。今後の関係に大きな影響を与える可能性があります。

もちろん、あなたの望んだ通り「離婚」という言葉に驚いた相手が大人しくなり態度を改めてくれる可能性もあります。
しかし「離婚」の一言から離婚話が進んでいってしまい、そのまま離婚なんてことにもなりかねません。
相手を自分の思い通りにコントロールすることは出来ないのです。

離婚を口にするのは準備をしてから

「離婚」と口にして良いのは、本当に離婚しても良いと決断したときです。
そして離婚届を突きつけたら、そのまま離婚が成立していってしまう事も頭に入れてください。
離婚は生活に関わるものなので、しっかりと準備しないといけません。

関連:離婚の仕方

離婚後の生活を考える

離婚後の生活を想像してみましょう。何も考えないまま離婚すると、路頭に迷う可能性もあります。

子供がいる場合は、子供の人生についてしっかり考えなければなりません。
他にも仕事や住まい、保険など生活の基盤になるものについては、あらかじめしっかり考えておかないと大変な思いをします。

子どもを一人で支えていかなければならないのであれば、出来れば正社員かそれに近い仕事を見つけておきたいです。
しかし子どもが小さい場合など、仕事したくてもなかなか出来ない現実もあります。

離婚後の生活の準備を進めて行く

自分の中で「離婚」を決断した場合、着々と次の生活の準備を進めて行きましょう。
本当に離婚の決心がついたら、真剣に今後一人で生きる道のために行動をしなければなりません。
親は協力的かどうか、頼れる人はいるか、住居や仕事についてもです。

現実的に物事を考えているうちに、離婚せずに婚姻を続けるという結論になるかもしれません。

不倫をされて離婚を考えている場合

相手が不倫をしていると分かったら、離婚を専門としている弁護士に相談すると良いでしょう。
相手に落ち度がある場合は、慰謝料を取れるケースとなります。

相手が不倫してると気づいても、簡単に離婚を口に出してはいけません。慎重に離婚の計画を立てましょう。
早い段階で弁護士などの専門家に相談して話を進めていくのが確実です。無料で相談できるところもありますので、一度相談だけでもしてみると良いでしょう。

最終更新日 2019年11月22日 13719view
関連豆知識 : 恋愛テクニック
   
関連エントリー
選ぶなら低身長男性!身長の低い男性の魅力
男性を選ぶなら低身長男性がおすすめです。さてどうして身長の低い男性は魅力があるのか、その辺...
結婚する気のない男性の見分け方
@b@「結婚したいのに彼が全然切り出してくれない…」 「この人は結婚願望があるのだろうか...
女性に嫌われる5つの「NG」行動
女性は、@s1@男性よりも他人に対する観察眼に優れている@/s1@と言われます。理由の1つ...
バツイチ男性と結婚するメリット
離婚するには、それなりに理由があります。また、相手の男性に子供がいる場合は、養育費を支払っ...
草食系男子の落とし方 アプローチ方法
恋愛に縁がないわけではないが、自分からは積極的に行かない草食系男子。 優しくてガツガツし...
トップページ | お問い合わせ
Copyright (C) よろず