恋愛・結婚の豆知識

夫だけじゃない!妻達の起こすDV

妻のDV

DV(ドメスティック・バイオレンス)の被害者は妻だけでなく、夫が被害を訴えるケースがあるようです。

DV法もできており、女性が暴力をふるわれた場合は、比較的訴えやすい世の中になってきていますが、 女性より力が強いと思われている男性の場合は、理解を得られないことがあります。
妻からの暴力を証明するには、妻に暴力をふるわれているという映像なり、録音などが必要になるかもしれません。
また、日頃から日記をつけておくのも効果があるということです。

妻に暴力をふるわれたら

夫婦ゲンカが増えて、妻に殴る蹴るされるような事態が起こったら、一時的に別居するなり、実家に帰るなりして距離を置くようにしましょう。
また、力による暴力以外に、夫を罵倒する暴言など、言葉による精神的な虐待を受ける例もあるようです。
「妻に暴力をふるわれているなんて誰にも相談できない……」などと考えて我慢していると、妻の暴力がエスカレートすることがあります。
正直に話せないなら、理由はなんでもいいですから逃げるべきです。
くれぐれも暴力でやり返さないようにしてください。それで妻がケガをすれば、今度はあなたが加害者になります。

どこに相談すればいいの?

女性による暴力の相談窓口は、男性による暴力に比べれば少ないですけど、ありますから相談してみてください。
ただし、男性の場合は親身になってもらえないこともあるようなので、証拠をそろえてから相談されることをおすすめします。
離婚を考えている場合は、弁護士への相談でもいいかもしれません。
精神的に病んでいることも考えられるので心療内科に行き、夫婦でカウンセリングを受けるという方法もあるでしょう。

2016年05月03日 5647view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
   
関連エントリー
上手な近所付き合いのコツ
引っ越しとなると、決して軽視できないのが近所付き合いです。できるだけ波風立てないように平和...
デート中には要注意!?一緒にいると疲れる女性の特徴
笑顔を見ているだけで癒される女性がいる一方で、会った後にどっと疲れが出る女性がいます。 ...
好きな相手への気持ちの伝え方
好きな相手に自分の気持ちを伝えるのはとても勇気がいりますよね。 『フラれたらどうしよう』...
ケチと浪費家、あなたが付き合いたいのはどっち!?
ケチと浪費家で、あなただったらどちらを選びますか?
合コンで無理なく恋人を作る方法
一口に合コンといっても、メンバーの集め方はいろいろあります。 誰でもいいから声をかけ...
Copyright (C) よろず
閉じる