恋愛・結婚の豆知識

子連れバツイチだからこそ幸せな再婚ができる!

1度離婚を体験すると、「バツイチだから結婚はなかなか難しい」と思ってしまう人も多いようです。
しかしバツイチだからこそ幸せな再婚ができるポイントをご紹介しましょう。

仲良し仲間としてスタートする

特に子どもを連れて離婚をした人は、自分たちが良くても子どもと新しいパートナーとの問題もあって、なかなか思ったように婚活もできないと言われています。
新しいお父さん、お母さんを迎えるときには、もちろん子どもの気持ちを重視することも大切です。

しかし父さん、お母さんということにあまりこだわらず、一緒に生活する仲間というイメージからスタートした方が、後々無理なく良い関係になれると言われています。
無理にパパ、ママと押し付けずに、楽しい同居人から始めてもまったく問題ありません。
そのため呼び方もパパ、ママではなく○○君、○○さんでもいいのです。
子どもの心は時間がとても必要だということを忘れずに気長に構えていきましょう。

時間が素敵な親子をつくる

子持ち再婚での失敗で一番多いのが、子どもとの問題と言われていますが、それほど難しさがあることも事実です。
しかしたっぷりした時間と、一緒に生活していく体験が必ず素敵な親子にしてくれるのではないでしょうか。あとは1度失敗した者同士、そのときの経験を生かして相手を選べば失敗はありません。

特に相手のことだけでなく、自分の反省もしっかり考えることが今後の新しいパートナーとの結婚生活に役立つと言われています。
また1度失敗をすると、どうしても臆病になりがちですが人より経験を多くした分、幸せに近いところにいることを忘れずに、自信をもってしっかり幸せな再婚に向って欲しいものです。

子持ち再婚だからこそ幸せになれる

そして子どもと一緒に離婚した人は、再婚相手に子どものことをかわいがってくれる人を選ぶわけですが、それはやっぱり条件としてなかなか難しいと言う人もいます。
しかしその分、人間的に優しい人を選ぶことができるというメリットもあるのです。

自分1人なら、ただ「好きだ」「一緒に生活したい」という感情で結婚してしまいます。
しかしもっと冷静に相手を見つめ、優しい人、責任感のある人を選ぶことができるのです。
そう考えると子連れの再婚こそ、幸せな結婚ができると言えるのです。自信をもって今度こそ素晴しい相手を見つけましょう。

2016年09月16日 5665view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
   
関連エントリー
メンドクサイ!?意識高い系男子との付き合い方
テレビドラマにもなった「意識高い系男子」、自分の経歴や人脈などを得意げに吹聴するタイプを指...
むくわれない片想いを断ち切るには?
片想いはつらいものですが、付き合える可能性があるならともかく、相手にまったく振り向いてもら...
離婚に踏み切る境界線
三組に一組が離婚する時代といわれますが、離婚したいと思ってはいてもなかなか踏み切れない人も...
気になる人の連絡先を聞き出すテクニック
電話番号やメールアドレスは個人情報なので、気軽に聞きだすのは難しいかもしれません。 ...
好みじゃない異性に誘われたときの断り方
好みじゃない異性に強引に食事に誘われて、困った経験はありませんか? 「タイプじゃない...
Copyright (C) よろず
閉じる