恋愛・結婚の豆知識

国際結婚でありがちなトラブル!?

国際結婚といっても、付き合っている人の国によって事情は異なります。
相手の人柄を理解するだけでなく、その国の文化を知り、興味を持つことが大切です。

国際結婚でありがちなトラブルは、どのようなものでしょうか?

言葉の壁

お互いの国の言葉を自由に話せるなら問題ありませんが、そうでない場合は、相手が意味を理解して話しているかはわかりません。
日本人同士以上に、相手を理解しようという興味や思いやりが必要でしょう。
それがないと、言葉が通じないことにより冷戦状態となってしまいます。

食べ物の違い

外国で主食となっている食べ物と大きく異なる場合がありますし、宗教的な事情によって食べられない食べ物があります。
それを考えると、相手の国の食生活を把握しておく必要がありそうです。
そうでなければ、自分の食べる物は自分で作るというように分けて食事をする方法もあるでしょう。

法律上の手続き

生まれてきた子供の国籍については、両親のどちらかが日本人であれば、子供は日本国籍を取得できます。
しかし、届けを出さなければならない書類は多く、法律上の手続きが複雑になります。
結婚前に、どのような手続きが必要になるのかを勉強しておきましょう。

外国人に対する偏見

人手不足の日本では、移民を招き入れることを検討していますが、日本人の中には外国人に対して偏見を持つ人がいます。
偏見までいかなくても、見知らぬ外国に対する誤解などもありそうです。
自分の家族を含め、周りの人に国際結婚を理解してもらう努力が必要になります。
国際結婚でお悩みの方は、無料で相談できる機関がありますから、ひとりで考えずに問い合わせてみてください。

最終更新日 2016年10月27日 6208view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : コミュニケーション
   
関連エントリー
生涯独身は本当に楽?メリットとデメリットを3つずつ解説!
@s1@ソロ社会@/s1@という言葉をご存知でしょうか。ソロ社会を一言で言うと、@s2@未...
上座ってどっちだっけ・・・忘れがちな席順のマナー
日本には、『席順のマナー』というものがあります。 すでに社会人として働いている人は、飲み会や...
女性をいじってくる男性の心理とは
いじってくる男性がいて、どういう気持ちでやっているのか分からない女性も多くいると思います。...
図々しい人との距離の置き方
「どうせ車を出すのなら、私も乗せて」とか、「ついでにこれも買ってきて」などと相手の迷惑を考...
草食系男子の落とし方 アプローチ方法
恋愛に縁がないわけではないが、自分からは積極的に行かない草食系男子。 優しくてガツガツし...
Copyright (C) よろず