恋愛・結婚の豆知識

モテる40代男性の特徴は?

年上男性ブーム到来!?

今、40歳前後の「中年男性」の魅力に惹かれる女性が増えてきています。カッコよさと思慮深さ、知識・経験を兼ね備えた中年男性のことを指した、「ナイスミドル」という造語も登場しています。

「もう、20代・30代の若者には敵わない」と尻込みしていた40代男性は、まだまだ年齢を理由に諦める必要はありません。
むしろ現代は、若いからという理由だけで結婚したり恋愛したりできる時代ではありません。
その根拠の1つとして、総務省が2015年に実施した「年齢別未婚率」の国勢調査があります。

【年齢別未婚率】
・25〜29歳 72.7%
・30〜34歳 47.1%(およそ2人に1人)
・35〜39歳 35%(およそ3人に1人)

このように20代、30代でも多くの人が未婚なのが実情で、若いからモテるは根拠のない通説です。
また、未婚率は1960年から年々上昇しています。つまり、40代であってもいくつかのポイントを知った上で女性にアプローチできれば、恋人を作ったり結婚をしたりできるチャンスは大いにあるということです。

ここでは、40代男性がモテるためのポイントについて、4つの視点から見ていきます。

4つの特徴

○安心感と安定感

特に正社員として働いている40代男性の多くは、仕事の安定感は確かなものになってきているはずです。
転職を経験している男性でも、「40代から新しい業界に挑戦する」という危ない橋を渡る人は少ないでしょう。
仕事が安定していることは収入の安定につながり、ひいては生活の安定につながります。
男性よりも現実主義者が多いと言われる女性にとって、生活の安定はとても魅力的な要素の1つです。
生活の安定は、子育て、新居、安定した老後、など、将来のさまざまにとって非常に重要です。
そこが心配不要であることをアピールできれば、20代、30代よりも魅力的な男性として映ることは間違いないはずです。

○経済力

20代、30代に比べて経済力を持っていることも40代男性の魅力です。ただ、年収1000万円以上、高級外車を所有、高級レストランにもためらわずに行けるなど、ここまでの余裕を持っている必要はありません。
働き出してまだ生活に余裕がない女性やフリーターを続けている女性などにとっては、普通にディナーや居酒屋に連れて行ってくれるだけでも嬉しいものです。
またプレゼントなどをあげる場合も、高級なものでなくても喜んでくれるでしょう。
これから真剣に恋愛や結婚を考えている人は、高級なプレゼントを求めてくる女性はお断りした方がいいかもしれません。相手がお金目当てであれば、ただお金と時間を無駄に浪費してしまうだけです。

○余裕のある態度

40代と言えば、仕事でもプラベートでもさまざまな荒波を乗り越えてきた人が多いはずです。
そこで生まれる人生に対する、「いい意味での余裕」は女性を惹きつける魅力になります。
若い男性のアプローチは強引さや軽さが目立ちます。そこをしっかりと意識して、40代ならではの、余裕を発揮した大人のコミュニケーションを取りましょう。
「愚痴を淡々と聞いてあげる」、「間違っていると思っても共感してあげる」など場面によっていろいろなポイントがあります。
ただ、単に優しくすればいいワケではありません。時には年上の男性ならではの、決断力や積極性も見せつけることが大事です。
自分勝手で強引なアプローチにならないように注意しましょう。

○スーツ姿

「スーツに着られない」男らしさをアピールできるのも40代男性が魅力的に写る理由でしょう。
20代や30代のころは値段の高いスーツを着ても、どうしても“無理している感”が出てしまう人がほとんどです。
その点、ほどよくシワが出て髭が似合うようになる40代であれば、威厳が出てくるのでビシッと着こなせるようになります。
モテようとするあまり、高級なスーツばかり揃える必要はありません。普通のスーツでも似合うように、体型維持や顔や髪の毛の身だしなみに気をつけるようにしましょう。

無理に若者ぶる必要なし!

稀に「若く見られたい!」という思いから、SNSやメールで、絵文字を多用したり流行りの言葉を真似したりする人がいます。
これはむしろ逆効果になることが多いので、避けるのが無難です。
女性が年上の男性に求めるのは「若さ」ではありません。先に紹介したような、40代の男性だけが持っている魅力を求めているのです。
「昭和は良かったけど平成はダメだ」のように、オジさん臭いことは言わないよう気をつけましょう。

2018年06月22日 7137view
   
関連エントリー
メンドクサイ!?意識高い系男子との付き合い方
テレビドラマにもなった「意識高い系男子」、自分の経歴や人脈などを得意げに吹聴するタイプを指...
人見知りを治したい!克服方法や原因について解説
「人見知りを克服したい!」と思っている人は、男女問わず多いようです。人見知りに悩んでいる人は、...
夫だけじゃない!妻達の起こすDV
DV(ドメスティック・バイオレンス)の被害者は妻だけでなく、夫が被害を訴えるケースがあるよ...
もしもDV被害にあってしまったら?自分一人で解決しようとせずに相談しましょう
恋人に殴られたら、たとえその後で謝られたとしても、暴力を繰り返されるおそれがあります。 ...
図々しい人との距離の置き方
「どうせ車を出すのなら、私も乗せて」とか、「ついでにこれも買ってきて」などと相手の迷惑を考...
Copyright (C) よろず