恋愛・結婚の豆知識

女性に嫌われる5つの「NG」行動

女性の観察眼をナメてはいけない!

女性は、男性よりも他人に対する観察眼に優れていると言われます。理由の1つに、女性は子どもの頃から高い人間観察能力が求められる環境で育っているということが言えます。

小学校や中学校の頃を思い出すとわかると思いますが、女子は基本的に3〜5人程度のグループを作って行動することが多いです。
グループに苦手な相手がいても、ケンカして言い争うことは少なく、うまく関係を続けようとします。
一見全員の中が良さそうに見えても、実はその中でも複雑な人間関係が渦巻いているのです。
一方、男子の場合は、気に食わないことがあれば、良くも悪くも相手にストレートに伝えることが多いです。
場合によってはすぐにケンカになって、大人になっても一生仲が悪いままになるも少なくありません。
こうした子どもの頃の人間関係の男女間の違いは、学生時代に教育学や心理学を専攻していた人なら学んだ経験があるはずです。

つまり女性は子どもの頃から、他人の表情や気分を観察してそれに対応するスキルを磨くスパルタ教育を受けてきているのです。
世の男性はそんな女性に嫌わないようにするために、最低限のNG行動を知っておく必要があります。

5つのNG行動

○最低限のマナーがない

男性の意識が向きにくいマナーと言えば食事マナーです。不自然な箸の持ち方、食べこぼし、くちゃくちゃという音、食べ物が入ったまま喋る、といった行為を嫌う女性はたくさんいます。
自分の食事を客観視してマナー違反がないか確かめてみましょう。
またレストランや買い物などの場面で、お店の人に強く当たったり文句を言ったりするのも嫌いな女性がほとんどです。
男性からすると女性にかっこいい姿を見せているつもりかもしれませんが、【立場の弱い人に強く当たるのはむしろ“ダサい”行為】です。

○言動に思いやりがない

子ども時代から少数のグループの中でうまく立ち回ってきた女性は、相手を思いやる言動が得意です。
その分、男性の無神経な言葉や行動には男性よりも厳しい視線を持っています。例えば、カッコつけて冷たい態度をとったり、女性の性格的な欠点を指摘したり、といったことはNGです。
自分は良かれと思ってしていることでも、女性にとっては「一般常識がない人」、「自己中心的な人」と悪い印象に写ります。

○ファッションがダサい

必要以上にオシャレである必要はありませんが、最低限のファッションは気にかけましょう。
「いつも同じ服を着ている」、「色あせたヨレヨレのTシャツばかり着ている」といったポイントは、女性は鋭く見ています。
またデートなどでファッションに気を使っている男性に対して、「私との時間を貴重なものと考えてくれている」と思う女性も多いです。
最低限、出会って数回目のデートや記念日などの特別な日には、綺麗な身だしなみで臨みましょう。

○消極的すぎる

近年、「草食系男子」という言葉に代表されるように、女性へのアプローチに消極的な男性が多いです。
嫌われたくない、恥ずかしい、自信がない、という理由で女性に積極的になれない男性が多いようです。
女性に「私のことに興味がないのかな?」と勘違いされないためにも、積極的にコミュニケーションを取りましょう。
女性の人間関係は意外とさっぱりしています。あまりに消極的だと、向こうから「この人はまったく興味ない」という判を押されてしまうかもしれません。

○しつこい(LINEなど)

「俺は肉食系だ!」と勘違いして、ガツガツとアプローチしすぎるのもお勧めできません。
特にLINEやSNSなどを通して執拗に連絡することはやめましょう。嫌われるどころか、関係を断たれてしまう可能性もあります。
また先述したように、「思いやりがない人」と思われてしまうリスクもあります。
女性はメールの文面や言葉遣いから、男性が思いやりを持って接してくれているかどうかを観察しています。
男性は、積極的になりつつ、女性を気遣ったコミュニケーションを取ろうと意識することが大切です。

相手の好みに合わせることもポイント

これら5つを完璧に実践したからと言って、100%良い結果に結びつくわけではありません。
女性の中には、「ファッションを全く気にしない」、「ガツガツとアプローチしてくる」という男性が好きな人も、当然いるからです。

5つを参考程度に頭に入れておきながら、相手の女性に合わせたアプローチも心がけましょう。
ただし、無理に自分の価値観を抑えたり過剰に媚びたりするのはNGです。
その場では嫌われることはなくても、後々、自分も相手もストレスが溜まっていくことになりお互いにマイナスです。

2018年07月13日 2333view
   
関連エントリー
彼を家に呼ぼう!恋人ができても困らない部屋づくり
彼が「君の部屋が見たい!」と言う……、そんなこと急に言われても、今からじゃ片づけるのは無理...
結婚できない男性に当てはまる特徴とは?
2017年4月に国立社会保障・人口問題研究所が発表したデータによると、@s1@2015年度...
もしもDV被害にあってしまったら?自分一人で解決しようとせずに相談しましょう
恋人に殴られたら、たとえその後で謝られたとしても、暴力を繰り返されるおそれがあります。 ...
修羅場にならないように、上手に恋人と別れる方法
別れ方がまずくて、恋人をストーカーにしてしまうような事件もあるので、上手に別れることが大切...
ケチと浪費家、あなたが付き合いたいのはどっち!?
ケチと浪費家で、あなただったらどちらを選びますか?
Copyright (C) よろず
閉じる