恋愛・結婚の豆知識

生涯独身は本当に楽?メリットとデメリットを3つずつ解説!

生涯独身の男女が増えている!

ソロ社会という言葉をご存知でしょうか。ソロ社会を一言で言うと、未婚の人が増加している社会です。
この定義には、一度も結婚していない人だけでなく、離婚した人や配偶者を事故・病気で亡くした人も含みます。

さて、日本はソロ社会化しつつあると言われています。厚生労働省の「人口動態統計」の調査によると、2016(平成28)年の婚姻件数は62万531組となっています。
数字だけを見ると、「1年にこんなに多くの人が結婚しているなら、ソロ社会とは呼べないのでは!?」と思うかもしれません。
しかし、この62万531組という婚姻件数は過去最低の数字で、1972(昭和47)年が100万件を超えていたという事実と比較すると、およそ半分も減っているのが実態なのです。 (参考:内閣府「未婚化の進行」

「一生のうちに一度も結婚しない人(50歳時の未婚割合)」を表す生涯未婚率も年々上昇しています。1950年は男性1.5%、女性1.4%であったのに対し、2015年は男性23.4%、女性14.1%と、10〜15倍も増加しているのです。

結婚する・しないは個人の自由です。ただ、生涯独身であることには、メリットとデメリットの両面があることを忘れてはなりません。
次に、そのメリット・デメリットについて見ていきましょう。

生涯独身のメリット 3つ

○時間・お金の使い道が自由

パートナーや子どもがいない生活なので、時間とお金はすべて自分のために使うことができます。買い物、趣味、遊び、貯金など、誰にも気を使うことないため、「もっと自分だけの時間・お金が欲しい!」といったストレスを感じない点は、大きなメリットの1つです。

○仕事に全力投球できる

プライベートだけでなく、仕事に投資する時間とお金も自由です。また家族がいると、「残業がしにくい」、「休日は家族サービスで休めない」という人も多いのも事実です。独身であれば、自分の生活リズムだけを考えながら、仕事に全力で取り組むことができます。

○浮気・不倫の窮屈さがない

既婚者の場合、他に好きな異性ができても、こちらからアプローチすることは非道徳的というのが日本の社会です。
たとえ浮気や不倫をするつもりがなくても、パートナーからの視線を気にしながら異性と関わらなければならない点に、結婚に対する窮屈感を感じている人も多いでしょう。その点、独身には、自由な恋愛が保証]されています。

生涯独身のデメリット 3つ

○孤独

「生涯独身でいい!」とどんなに固く決心している人でも、老後の孤独に対する不安は持っているはずです。近年は、独居老人という言葉も登場し、老後の孤独な生活や孤独死の実態がメディアでも頻繁に取り上げられています。
「介護が必要になる」、「話し相手がいなくなる」といった、将来の自分の生活を具体的にイメージして、自分は孤独に耐えられるかを考えて見ましょう。

○社会的信用が低い

本来は関係ないはずですが、いつまでも結婚してないことにマイナスのイメージを持つ人は多いです。
たとえば、「性格に問題がある」、「責任感がない」、「遊び人」といったイメージです。
また戸建てやマンションのローンを組む際も、独身か家族を持っているかが、少なからず審査の基準になります。独身が必ずしもマイナスにはなるわけではありませんが、信用に影響することは事実です。

○むしろ、お金に困るリスク

「結婚したら出費が増えてしまう」と考えている人が多いです。しかし、パートナーが少しでも仕事をしていれば、その心配はほぼありません。
もちろん結婚すると出ていくお金は増えますが、共働きならばマイナス分を十分にカバーできるはずです。
その点独身の場合は、安定企業の正社員でない限り、「病気・事故などで生活費に困る」、「給料が上がらず貯金ができない」といったリスクは常に付きまといます。

結論

メリットとデメリット両面を見た上で言えることは、価値観が合い、お互いに束縛のないパートナーと結婚するのがベストな選択肢ではないか、ということです。
「結婚=自由な時間がなくなる」と決めつけている人は、まずは、お互いの自由や価値観を尊重できるパートナーを探してみてはいかがでしょうか。

最終更新日 2018年12月28日 11583view
   
関連エントリー
男性は女性の〇〇で冷める!フラれないために注意したい行動4つ
女性にとって、@s2@好きな人と一緒にいる時間は何にも代えがたい幸せ@/s2@です。世界の...
妊娠中に離婚を考える率が高いのはなぜ?
妊娠中に本気で離婚を考えるという女性の率が高いのはなぜでしょう。 少なくとも、「本当にこ...
男性が女友達へ贈る誕生日プレゼントは何がいい?
職場やサークルなどでお誕生日をお祝いする機会も多いと思いますが、異性へのプレゼントは悩みますよ...
気になる人の連絡先を聞き出すテクニック
電話番号やメールアドレスは個人情報なので、気軽に聞きだすのは難しいかもしれません。 ...
離婚に踏み切る境界線
三組に一組が離婚する時代といわれますが、離婚したいと思ってはいてもなかなか踏み切れない人も...
Copyright (C) よろず