ライフスタイルの豆知識

自動車保険について

運転にはリスクが伴う

自動車やバイクの運転にはリスクが付きものです。日頃どんなに安全運転を心がけていたとしても、ドライバーである以上は事故に巻き込まれる可能性はゼロではありません。そんなドライバーの万が一のための保険が自動車保険です。

自賠責保険と任意保険

自動車保険には、『自賠責保険』、『任意保険』の2種類あります。自賠責保険はいわゆる強制保険で、全ての運転者が加入しなければならない保険です。それに対し、任意保険はその名のとおり加入は任意となっています。

自賠責保険 対人事故の被害者を救済する保険。上限は死亡3,000万円、障害120万円と決まっています。
任意保険 対人や対物、車両などに対しても損害を補償する保険。自賠責保険だけでは足りない分を補足する役割にもなります。
任意保険を構成する7つの保険

任意保険に加入するかどうかは強制ではありませんが、自賠責保険だけでは足りない分を補ったり、対人以外の事故に対しても幅広く対応しているので知っておきましょう。

車両保険 加入した対象の車両の損害を補償する保険です。
対人賠償保険 事故による、相手への治療費、死亡の補償費のうち、自賠責保険では支払いきれない不足金額を補償する保険です。
対物賠償保険 事故で他人の車や建物等を傷つけた場合に、他人の所有物の損害を補償する保険です。
自損事故保険 自分の過失で起こした事故での、自分の損害(同乗者の治療費など)を補償する保険です。
無保険車傷害保険 対人保険に加入していない車両からの事故や相手の不明な当て逃げなどで、死亡または後遺症が残る怪我を負った場合に適用される保険です。
搭乗者傷害保険 事故による搭乗者(同乗者や自分自身も含む)の通院、入院に対し日割り計算で補償される保険です。
人身傷害補償保険 事故での自分の過失割合に関係なく補償、また相手に支払い能力がない場合も損害を補償してくれる保険です。
自動車保険を安くしたい!

保険料を比較するとき、一つ一つの保険会社で見積もりするのは大変ですし面倒ですよね。そんな時はオンラインで入力するだけで一括見積もりの依頼ができる、自動車保険一括見積もりサイトを利用するのが便利です。自動車保険の見直しで、中には5万円以上安くなる人もいるそうです。

自動車保険選びのポイント

現在、任意保険の加入率は80%と言われています。つまりほとんどのドライバーは加入しているということです。それでは、任意保険に加入する際、どこを重視すれば良いのかを考えてみましょう。

外せない補償

まず、これだけは外せないという補償があります。それは対人・対物に対する『無制限』の補償です。これを外してしまったら加入する意味がないと言うくらい重要です。

条件を付ける

年齢条件や、運転者限定などの条件を付けることによって保険料を安くすることができます。
運転するが自分と家族だけの場合などや、30歳以上の人しか運転しない場合など、保険会社の割引制度に合わせて適用させましょう。

安心したカーライフのために

事故は自分で起こすだけでなく、巻き込まれる可能性もあるものです。どんなに運転に自信があっても、安全運転をしていてもです。任意保険は加入しなければいけない義務はありませんが、万が一のときに備えての加入をお勧めします。そして、事故のない安全運転のカーライフを心がけましょう!

この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 自動車 保険
   
関連エントリー
貯金がない人ほど生命保険を検討すべき理由
生命保険を検討すべきと言われても、毎月の出費を考えるとなかなか踏み出せません。特に貯金がない場...
車の臭い取りに効果的な方法
新車の場合、車の臭いとはシートやプラスチック部分、接着剤から揮発する化学製品の臭いであるこ...
保険はどこで契約するのが正しいのか 3つの販売窓口のメリット・デメリット
保険に加入したいと思っても、どこで契約するのかが分からないと加入できませんよね。保険の販売窓口...
知っておかないと年金をもらえない人も!年金の基礎知識
「年金の構造は二階建て」と言われています。 将来年金がもらえない!なんていう事態にならな...
高齢者ドライバーの事故、歩行者やドライバーにできることは?
認知症の高齢者ドライバーが暴走し、歩行者をはねるという事故が立て続けに起こっています。 ...
Copyright (C) よろず
閉じる