ライフスタイルの豆知識

リスクに備えて生命保険

経済的に困らないために

私たちは、常にリスク(不安)と隣り合わせの生活をしていると言っても過言ではありません。 万が一、病気や事故に遭い死亡、入院などしてしまった場合、たちまち収入は無くなり経済的に困ることになります。 また近頃の年金問題など、老後の生活に対する不安も抱えています。 このような不安の中、いざという時に経済的に困らないで済むように、自分でできる準備が『生命保険』なのです。

3つの基本形

生命保険には大きく分けて3つの基本形があります。

死亡保険 死亡または高度障害になった場合に支払われる。(定期保険/終身保険)
生存保険 契約から満期まで生存した場合に支払われる。(年金保険)
生死混合保険 死亡または高度障害になった場合には死亡保険金、満期まで生存した場合には生存保険金が支払われる。(養老保険)
定期保険と終身保険

死亡保険には定期保険と終身保険の2種類ありますが、この2つの大きな違いは『一定期間のみ保障』か『一生涯保障』です。

定期保険 払戻金のない掛け捨てタイプ。比較的安い保険料で大きな保障がつけられますが、期間を過ぎたら保障はなくなります。また、期間を更新する際、年齢等によって保険料が値上がりします。
終身保険 解約した場合には返還金がもらえる貯蓄型タイプ。保険料は一定で、払込満了後も一生涯保障が続きます。
生命保険の選び方

生命保険選びですが、加入でも見直しでも選ぶ際には、『必要な保障は何か』ということを考えて選びましょう。

種類

定期型か終身型かをまず決めましょう。保険料や、保障期間などを考えて自分に合った方を選ぶと良いでしょう。

必要な保障額

もし万が一が起きたときの経済的リスクを考えましょう。貯蓄額や、独身か既婚か、持ち家か賃貸か、などで必要な保障額も変わってきますので、自分の環境も考慮して検討すると良いでしょう。

保障への期待

万が一の場合の家族への経済的リスクの緩和、老後の生活への保障、一時的な保障か。
公的保障では足りない部分を生命保険で補う形でプランを立てると良いでしょう。

生命保険選びで悩んだら

生命保険のプランは各社に何種類もあり、どの会社のどのプランが良いか悩むと思います。全社の全プランに目を通すなど、気の遠くなるような作業になりますし、それなりの知識も必要になります。 まずは保険選びのプロに相談することをお勧めします。相談料は無料ですので、気軽に問い合わせてみましょう。特定の保険会社に属していない相談員が、的確なアドバイスをくれるでしょう。

見えない不安

今は健康に生活をしていたとしても、いつ突然の事故、大きな病気にかかったりなど、生命の危険にさらされてしまうかは分かりません。若いうちはあまり気にしないかもしれませんが、年を重ねていくうちに、大きな病気にかかる可能性も高くなっていきます。自分だけは大丈夫とは思わず、万が一に備えて生命保険の大切さを考えてみては如何でしょうか。

この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 保険
   
関連エントリー
知っておかないと年金をもらえない人も!年金の基礎知識
「年金の構造は二階建て」と言われています。 将来年金がもらえない!なんていう事態にならな...
がんになっても、がん保険がもらえない!?
日本人の死亡率№1のがんなので、万が一に備えてがん保険に入っていらっしゃる方も多いと思いま...
保険はどこで契約するのが正しいのか 3つの販売窓口のメリット・デメリット
保険に加入したいと思っても、どこで契約するのかが分からないと加入できませんよね。保険の販売窓口...
貯金がない人ほど生命保険を検討すべき理由
生命保険を検討すべきと言われても、毎月の出費を考えるとなかなか踏み出せません。特に貯金がない場...
Copyright (C) よろず
閉じる