ライフスタイルの豆知識

改正道路交通法、自転車族は要注意!

2013年12月1日に『改正道路交通法』が施行

自転車に乗る人が増えているようで、罰則が厳しくなってきています。 2013年12月1日に『改正道路交通法』が施行されて、自転車に乗っている人は、前にもまして注意が必要になります。

警官は、ブレーキを備えていないなど、事故の危険性があると認められる自転車を発見したときに、停止させて検査できるようになりました。 自転車に乗っている際に、警官に注意を受けることがありそうです。


改正道路交通法とは?

歩道がない道路で、これまでに自転車は、左右どちらの路側帯も通行することができましたが、改正道路交通法では、進行方向に向かって左側の路側帯に限定されます。 路側帯というのは、歩道のない道路において、車道と白線で隔てられている通行スペースです。 自転車は、道路の右側にある路側帯を走ることができなくなります。 違反して走った場合は、3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金となっています。
ちなみに、左の車線が「バス専用」、「バス優先」、「左折専用」だった場合、自転車はさらに左側を通行しなければなりません。

自転車のルール

あなたは、道路標識を確認しながら自転車に乗っていますか? 自転車マークの付いた道路標識が何を意味しているのかがわかりますか?
自転車事故の増加に伴って、自転車にも免許が必要という声が出ていますが、自転車のルールには以下のようなものがあります。 自転車は、道路交通法では軽車両と位置づけられているため、車両と同様、道路標識に従う義務があります。
一時停止標識のある交差点では、停止線の直前で一旦停止し、左右の安全を確認した後で発進しなければなりません。 目の前の信号が青の場合、そのまま右折するのではなく、信号に従ってまっすぐに進み、渡ってから向きをかえて進行方向の信号に従って進んでください。

このたびの左側ルールが決まった理由ですが、自転車の出会い頭の事故を防ぐためだそうです。 携帯電話で話しながら、音楽を聴きながら、傘を差しながら運転している人を見かけます。 自転車の事故を防ぐためにも、自転車のルールを見直しておいた方がよいでしょう。

2014年01月06日 13249view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 自動車
   
関連エントリー
車の臭い取りに効果的な方法
新車の場合、車の臭いとはシートやプラスチック部分、接着剤から揮発する化学製品の臭いであるこ...
高齢者ドライバーの事故、歩行者やドライバーにできることは?
認知症の高齢者ドライバーが暴走し、歩行者をはねるという事故が立て続けに起こっています。 ...
カーライフを楽しみたい人必見!車を持つメリット・デメリットについて
近年、若者を中心に「車離れ」が進んでいると言われています。 単に物欲が少ない人が増えただ...
Copyright (C) よろず