ライフスタイルの豆知識

ペットも高齢化、ペット保険は必要!?

健康保険のような保険があることをご存知でしょうか

人間の寿命が長くなっていますが、ペットも高齢化してきているようです。 ペットの高齢化に伴い、病気やケガをするリスクも増えてきています。

人も健康保険がなければ10割負担となりますが、ペットが病気やケガをした場合の治療費は「自由診療」となります。 また、ペットはしゃべることができませんから検査の必要があり、病気を特定するだけでもお金がかかります。 ペットにも、健康保険のような保険があることをご存知でしょうか?

ペット保険の種類

犬や猫のペット保険が一般的ですが、そのほかの小動物、鳥類・爬虫類などをカバーしているものもあります。 補償内容は、かかった費用に対して定率で補償する「定率補償型」と、かかった費用の実費が補償される「実費補償型」とに分かれます。
また、通院のみのものや、入院・手術を含めトータルで補償となるペット保険もあります。 大きさにあまり差のない猫の保険料は一律みたいですが、犬に関しては、大型犬・中型犬・小型犬など犬の種類や、年齢により保険料が違ってくる場合があるようです。

特約付きのペット保険

通院費や入院費の補償以外に、ペット保険にはさまざまな“特約”が付帯しています。 『ペット賠償責任特約』が付くと、他人に噛みついたり、物を壊したりした場合に保険金が支払われます。
万一、ペットが亡くなったときに必要になる、火葬費用や葬儀費用が出る『葬祭保険金特約』という特約もあります。 はじめからペット保険に付帯していることもありますが、これらの特約をオプションで付けることもできます。

ペット保険の選び方

保険料の支払い方法には、「月払い」と「年払い」がありますが、年払いのほうが安くなっています。 また、複数のペットを契約した場合の「多頭割引」など、割引のあるところも。上手に利用しましょう。
保険金の請求方法ですが、動物病院の窓口で自己負担分のみ支払えばいい場合と、一旦治療費を支払ってから、後日保険会社に保険金を請求するケースがあります。利用しやすい方をお選びください。

2014年01月07日 9516view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : ぺット 保険
   
関連エントリー
貯金がない人ほど生命保険を検討すべき理由
生命保険を検討すべきと言われても、毎月の出費を考えるとなかなか踏み出せません。特に貯金がない場...
犬の無駄鳴きを仕付けるには?
犬をしつけるには基本的なことがいくつかあります。 まず犬はリーダーに従おうとするため、仕...
災害時に、ペットをどうやって助けよう!?
災害が起こったときにペットをどうしよう……、そう考えたことはないでしょうか? 災害時...
がんになっても、がん保険がもらえない!?
日本人の死亡率№1のがんなので、万が一に備えてがん保険に入っていらっしゃる方も多いと思いま...
保険はどこで契約するのが正しいのか 3つの販売窓口のメリット・デメリット
保険に加入したいと思っても、どこで契約するのかが分からないと加入できませんよね。保険の販売窓口...
Copyright (C) よろず