ライフスタイルの豆知識

なぜ無料で遊べるの?オンラインゲーム集客のしくみ

無料オンラインゲームはどうやって儲けている?

ネットで色々なオンラインゲームを見ると、基本プレイ料金が無料という風に、書かれています。 最近では、この無料でプレイができるオンラインゲームがほとんどで、無料でも運営を続けて利益を上げることに成功しているようです。

しかし、無料で一体どうやって、そのゲームを運営して利益を上げていくのか? ここでは、その謎にせまります。

課金ユーザーで成り立つオンラインゲーム

オンラインゲームの世界では、無課金でまったりプレイする人と、課金を普通にして楽しむ人、大量に課金してとことんやり込む人の、3タイプのプレイヤーが存在しています。
この中でも大量に課金してくれる重課金プレイヤーが、実はそのオンラインゲームを支えている屋台骨のような存在。
一部のお金を使うプレイヤーが、ゲームの世界を支えているのです。

課金プレイヤーを集客するために無課金プレイヤーがいる

どんなに世界観が作りこまれていておもしろいゲームだとしても、プレイヤーが集まらなければ、課金する人も現れません。 人がいないお店には、誰もこないというしくみと同じです。
そのため、最近のオンラインゲームには、「基本プレイ無料」という運営方式が取り入れられていて、無料で遊ぶ人達を沢山集めて、そこに課金してくれるプレイヤーを呼び込もうとしているわけです。
つまり、オンラインゲームは、無課金と課金の双方のプレイヤーが存在することで成り立っているというわけなのです。

無料戦略は一時飲食店でも使われていた

オンラインゲームの基本プレイ無料と同じ戦略で、居酒屋のような飲食店でもこのしくみを採用しているところがありました。 そこでは、焼酎を無料で飲み放題にして、お客を集め、お通しと食べ物の料金で売り上げるという営業をおこなっていました。
その結果、広告などの宣伝をせずに、周囲の店から顧客シェアを勝ち取る事ができたらしく、一時その経営手腕がTVでも話題になったのです。

このように、利益を捨ててより大きな利益を得るという顧客獲得戦略がメジャーになっているのがオンラインゲームのマーケットなのです。

2014年01月10日 13500view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 仕事 スマートフォン
   
関連エントリー
スマホの見すぎで起きる「VDT症候群」
ヒマな時間にスマホを見るのが習慣となってしまっている現代人に、「VDT症候群」という病気が...
不要なアプリは削除してAndroidスマートフォンの処理を高速化、バッテリ消費を軽減
スマートフォンの魅力は、なんといっても自由に追加できる「アプリ」。 似た機能のアプリが複...
スマホの課金を辞めたい人へ|続けてしまう理由と辞める方法
課金をし続けてしまう人はなぜやめられないのでしょうか。 結論から言うと、スマホゲームは「...
若くても発症!?デジタル認知症
若くても発症する認知症として「若年性認知症」があげられますが、発症の時期は平均で50歳ぐら...
意外と気づかない?間違いやすい二重敬語
ビジネスの場において、敬語は必須のスキルです。ただ、間違った敬語を、日常的に当たり前のよう...
Copyright (C) よろず