ライフスタイルの豆知識

15階建てマンションに潜むリスクとは?

高さ45メートルのマンションは何階建てになる?

「15階建てマンションだけは買わない方がいい」。マンション開発に詳しい専門家の間でささやかれていることです。

マンション建築では、高さが45mを超えると建築基準法などによる規制が厳しくなり、建設コストも高くなります。このため、高さが45m未満の中層マンションが多くなっています。問題は高さ45mのマンションが何階建てになるかです。

マンションでは通常、1階の床の高さが約50㎝、さらに屋上の手すり壁の高さも約50㎝必要です。これを除くと、実際に使える高さは44m。一方、マンションの階高(各階のコンクリート面からコンクリート面までの高さ)は最低3m必要です。44を3で割ると14.67。つまり、14階なら余裕で建てられるものの、15階では高さが少し足りなことになります。

14階を15階に増やす「直床」マジック

しかし、15階建てにした方が販売戸数を増やせるので、少し工夫して15階建てにする業者もいます。どう工夫するのか?
普通のマンションが二重床なのに対し、「直床」にするのです。直床は床スラブの上にカーペットなどを直に貼り付けるので、床の厚さを薄くできます。その結果、天井高は14階にしたときの約2.5mなのに対し、15階でも約2.45mを確保でき、見ただけでは違いがわかりません。
しかし、直床は遮音性に問題があり、実際に住み始めてから上下階との間で音のトラブルが発生する恐れがあります。また、水回り部分では、配管を通すために直床にはできず、天井高が低くなってしまいます。注意が必要です。

2014年01月22日 46242view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 投資 不動産
   
関連エントリー
サービス付き高齢者向け住宅とは?メリット・デメリットや特徴について
超高齢化社会を迎えている日本では、@s2@高齢者が安心して暮らせるようになるための事業がど...
どうしたらいい?部屋をきれいいに保つ方法
世の中には2種類の人間がいます。 『部屋がすぐに汚くなる人』と『長くきれいに保つことがで...
リフォームはなぜブームなのか?メリット・デメリットを考察!
リフォームとは、@s1@時間が経って劣化した内外装の一部を、新築の状態に戻すために修繕する...
誰でもできる&したくなる!おしゃれ部屋の5つのポイント
「部屋をおしゃれにすることに何の興味もない」と考えている人、意外と少なくありません。 確...
一人暮らしの女性の防犯対策
一人暮らしの女性の方、防犯対策はしっかりと行っていますか!? 鍵をしめているから安心...
Copyright (C) よろず