ライフスタイルの豆知識

文章が下手な人でもすぐ書ける!起承転結マスター方法

私たちの生活の中で求められる「文章力」

様々な場面で求められるスキル「文章力」。 会社員なら、会議やクライアント向けに相手の心をわしづかみにする企画書を作成したい。 趣味でブログを書く人なら、できるだけ多くのユーザーに読んでもらえるような魅力的な文章を書きたいと、考えると思います。

ここでは、あまり文章を書くことが得意ではない人でも、簡単に文章を書ける方法をご紹介したいと思います。

まずはゴールを決めるということ

迷いのない伝わりやすい文章を書くためには、まず最初に「この文で言いたかったこと」、すなわち結論から考えることをお勧めします。 結論を先に考えておくことで、まとまった内容の文章を書きやすくなります。

文章の全体像を構成する

文章全体の流れ、いわゆる「あらすじ」というものを作成します。 この「あらすじ」は、起承転結を各1行ずつ程度でいいので、簡素にまとめて文章の骨組みと考えます。

起承転結の内容は、次のような感じで書くといいでしょう。

起→問題定義。その文章でテーマとなるような内容。
承→「起」でテーマになった問題を解決する内容。
転→文章を魅力的にする部分。「承」の部分に含まれる問題点を定義するなど。筆者のオリジナリィが現れる部分。
結→「転」で示した問題点を解決する最終的な結論の部分。

例えば、「乾燥肌」をテーマに文章を書くとすると、次のようなあらすじを書くことができます。

起→冬の乾燥肌を肌を防ぎたい。
承→乾燥肌を防ぐには、毎日のスキンケアが大事。
転→しかし、スキンケアだけでは、肌に十分な保湿を与えることができない。なぜならば、冬は部屋の湿度そのものが下がっていて、肌の水分を奪いやすい環境になっているから。
結→ではどうすればいいのか?←結論には、「転」の問題定義を解決する内容にする

「転」の部分を工夫することで、文章に面白みが加わり、オリジナルティのある内容が書けるようになります。 書きたい文章の中には、起承転結が当てはまりにくい構成のものもありますが、文章の基本形のひとつとして知っておくといいでしょう。

2014年03月18日 24540view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 勉強
   
関連エントリー
ちょっとしたコツで字はきれいに書ける!
字のクセを直すのは簡単なことではありませんが、ちょっとした心がけで字の印象が変わります。こ...
すべての資格に共通!資格の勉強方法まとめ
近年、学生や主婦だけでなく、フリーターや正社員として働いている人の中にも、資格の勉強を始め...
誰でも無料でできる英語の勉強法とは? 4つ紹介
「英語を勉強したいけどお金がない…」といったように、お金がないことを理由になかなか英語学習...
TOEIC930点を持つ筆者が教える英語勉強法
グローバル化が進んでいるといわれている現代、ますます英語が必要とされるようになりました。日...
運動会は春?秋?|それぞれの理由と楽しみ方
運動会は子どもだけでなく親にとっても一生の思い出になるイベントです。 今でこそ楽しむ目的...
Copyright (C) よろず
閉じる