ライフスタイルの豆知識

リストラにあってしまったら!?失業給付の基礎知識

雇用保険の「失業給付」

突然、リストラにあってしまったような場合の救いになるのは、雇用保険の「失業給付」です。 しかし、誰でももらえると思ったら大間違いで、正社員でも支給されないケースがありますし、支給額は勤務年数にもよるので少ないことも考えられます。

リストラされる前に、失業給付がどのようなものなのかを知って、心の準備をしておきましょう。

失業給付とは?

まず、失業給付を受けるためには、以下のような要件を満たしていなければいけません。
・積極的に就職活動を行っているにもかかわらず、就職できない状態にあること。
・退職の日以前に、一定以上の被保険者期間および勤務実績があること。
・住所を管轄するハローワークに離職票を提出しており、「求職の申込み」をしていること。
失業給付の手続きは、ハローワークで行われます。

支給の時期

失業給付が支給されるタイミングですが、自己都合による退職と、会社都合による退職により違ってきます。 多いのは自己都合による退職で、申請してから支給されるまでに3ヶ月の給付制限があります。
それに対して、倒産やリストラのように会社都合で退職した場合は、待機日数は1週間と短くなります。 いずれの場合も、届けを出してからすぐに支給されるわけではないので要注意です。

就業手当と再就職手当

失業期間中に再就職が決まったり、パートやアルバイトをすると、失業給付はもらえなくなります。 その代わりといってはなんですが、「就業手当」や「再就職手当」が支給されます。
失業給付をもらい続けるのとどちらが得かですが、失業給付が切れたときに仕事が決まっていなければ、いつ決まるのか保証はありませんから、失業期間中に決めた方が良いかと思われます。

2014年06月20日 19418view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 仕事 保険
   
関連エントリー
転職するか悩んでいる人必見!転職すべきかどうかのチェックポイント
突然ですが、この数字が何のデータかお分かりでしょうか。
仕事ができる人は机がキレイ!?その3つのワケとは?
「机が汚い人は仕事ができない人だ。」とよく言われますが、実際はどうなのでしょうか?
「過労死」しやすい5つのタイプ
過労死というと、ブラック企業とか、企業側の問題のように思われがちですが、「過労死しやすい性...
がんになっても、がん保険がもらえない!?
日本人の死亡率№1のがんなので、万が一に備えてがん保険に入っていらっしゃる方も多いと思いま...
上座ってどっちだっけ・・・忘れがちな席順のマナー
日本には、『席順のマナー』というものがあります。 すでに社会人として働いている人は、飲み会や...
Copyright (C) よろず
閉じる