ライフスタイルの豆知識

バイクに乗って旅に出る

バイクを買ったら旅に

バイクに乗る目的にもよりますが、バイクを買ったら旅にでましょう。

現在は何かと制約が多く、バイクに乗るにしてもこれが必要とかあれがないと駄目とかいろいろあります。確かにあれば便利なものが多いのですが、それほどこだわらないでもいいです。
ただし、スピードの出るバイクですし、体がむきだしですから、肘、肩、膝にパッドが付いたウェアがあったほうがいいです。こけた時のダメージが全く違いますのでここだけは必須の装備としましょう。
後は必要と思った物を揃えればいいです。キャンプがしたかったらキャンプ道具を積みますし、ホテルに泊るのであれば着替えだけあれば十分でしょう。

いろいろな発見があります

バイクに乗るとそこには非日常の世界が広がっています。 瞬間的にでも出そうと思えば300キロくらいのスピードが出せるバイクがあります。 道なき山の中をかきわけて突き進むバイクもあります。 風になるというとバイクに乗らないとわからない表現ですが、確かに風になったような気になります。 車と違ってタバコを吹かしながら、コーヒーを飲みながら、あるいは音楽を聴きながら運転をするわけではないので、バイクに乗っている間は常にストイックです。 命の危険を感じた人も多いことでしょう。
いいも悪いもひっくるめて非日常の世界を感じることができるのがバイクの醍醐味といえます。

第一回 バイクの免許を取ってみよう
第二回 バイクを買おう

2014年08月22日 28273view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 趣味 自動車
   
関連エントリー
長時間のゲームが日常生活に及ぼす影響
ゲームと聞くと、子どもの遊び道具という認識を持っている人は多いと思います。 しかし近年は...
知らないと恥ずかしい!食事のマナー
「食事は、マナーよりも美味しく食べられればそれでOK!」 こんな風に考えている人は多いの...
フォロワーゲット!インスタ映えする写真のコツ
2017年、ニュースやSNSで頻繁に取り上げられた『インスタ映え』というワード。 政治か...
脱・通信制限!通信量を減らすコツ
スマホやタブレットを使っている人は、『通信制限』という言葉を、一度は耳にしたことがあると思...
ヨガの種類とその効果は?自分にぴったりのヨガを選ぼう
5000年以上も昔のインドで行われていたヨガは、中国へ渡り、アメリカのセレブたちの間で流行...
Copyright (C) よろず