ライフスタイルの豆知識

かしこい主婦の節約術・・・掃除編

掃除って何かとお金がかかる…

最近はいろいろと便利なものが出回っていますね。吹きかけておけば自然とキレイになるスプレー、サッと一拭きで落ちる洗剤、ワックス効果のあるモップ、掃除機に至っては勝手に掃除してくれるものまであります。

便利だからと言って使っていると、知らない間に費用がかさんでしまいます。中には買ったのに使っていないものもあったりして…。ここでは、お金をかけない掃除方法についてお話しますね。

昔に戻ろう!

掃除グッズの費用や電気代を節約したいなら、それらがなかった時代にタイムスリップしてみましょう。
掃除機の代わりに雑巾がけをしましょう。畳やフローリングは、掃除機で掃除をすると逆にホコリを舞い上がらせてしまうこともあります。かたく絞った雑巾か、からぶきで十分です。窓ふきは湿らせた新聞紙で。台所の油汚れは重曹でキレイになります。 雑巾を洗うときはお風呂の残り湯を活用しましょう。

メラミンスポンジをフル活用しよう!

しつこい汚れはメラミンスポンジを使って落としましょう!100円ショップでかなり大きいものが手に入ります。これさえあれば洗剤なんて必要ありません。
シンクやコンロ周りにこびりついたしつこい汚れも、コップの茶渋も、洗面所の黒ずみも、水で濡らしてこするだけでサッとキレイに取れます。

しつこい汚れを作らないようにしよう!

料理した後の油は、放っておくとどんどん落ちにくくなります。揚げ物をした後はすぐに一拭きしておきましょう。
また、お風呂にカビが生えるとどうしても塩素系の洗剤が欲しくなりますね。特に梅雨時にはカビは生えやすくなります。ここでカビの予防法についてお話します。

・窓を開けて空気の流れを確保する
・お風呂から出る前に石鹸の残りや垢などを冷水で洗い流す
・湯船にはしっかりとフタをする

カビが生えなければ洗剤を買う費用を削減できますね。

2014年10月30日 10669view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 節約 掃除
   
関連エントリー
かんたん作成!たまる家計簿で上手に節約するには?
どうして思うようにお金がたまらないんだろう?と考えてしまうことありますよね。家計のお金の流...
狭い部屋を広く見せるコツ
同じ間取りの部屋でも、家具の配置や色の組み合わせを考えることで、部屋を広く見せることが可能...
買い物に失敗しないための4つの方法
服を買ったのに1回も着ていない。パンを買ったのに食べずに捨ててしまった。みなさんもご経験あると...
収入が少なくてもこうすれば貯金できる!
よく、なかなかお金が貯まらないのは収入が少ないから…、と考えがちですが、収入がどうであって...
仕事ができる人は机がキレイ!?その3つのワケとは?
「机が汚い人は仕事ができない人だ。」とよく言われますが、実際はどうなのでしょうか?
Copyright (C) よろず
閉じる