ライフスタイルの豆知識

できるだけ暖房を使わず冬を暖かく過ごす方法

暖房を使わず冬を暖かく過ごす方法
暖かい素材の服を着る

薄着をしていたら寒いのは当たり前です。綿の洋服は熱を逃がしやすいので、綿以外のものを着ましょう。

理想的なのは、ピッタリとした肌着をきて、毛糸でできたセーターをきる。その上に風を通さないものを羽織る、という着かたです。

「首」部分を暖かくする

ネックや手首、足首などはレッグウォーマーなどを活用して暖かくしておきましょう。これだけでも体感温度に差が出ます。

家の防寒をする

隙間風が少しでも吹き込む場所を見つけたら、テーピングしておきましょう。窓には包装用のエアキャップを貼り付けます。床にも防寒シートを敷きましょう。 カーテンは分厚く、床まで届くものが理想的です。陽が入ってくる時間が過ぎたらすぐにカーテンを引いておきましょう。

湿度を上げる

湿度が高いと温かく感じます。部屋が乾燥気味なら、タオルを1枚濡らしてかけておくだけでも効果があります。

広すぎる空間には仕切りを!

体温で多少部屋の温度が上がります。1日中家で作業をするなら、できるだけ狭い部屋を使うようにするだけでも効果を実感できるでしょう。 部屋が広すぎるなら分厚いカーテンで仕切るなどして工夫しましょう。

体を中から温める

生姜や根菜は体を温めてくれます。生姜ティーやコトコト煮込んだ野菜スープなどを積極的に食事に取りいれましょう。生野菜や果物は体を冷やしてしまうので要注意。

血行を良くする

体が冷えてしまったなら、バケツにお湯を入れ、足湯をしましょう。まるで温泉に入ったかのように体がポカポカしてきます。デスクワークや就寝時には湯たんぽを活用するのもいいですね。

2014年11月19日 16886view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 節約 冬季
   
関連エントリー
鍋料理の歴史や種類!鍋料理の意外なメリットも紹介
皆さんは鍋料理と言えば、どんな種類を思い浮かべますか? 水炊き、湯豆腐、寄せ鍋、もつ、す...
電気代の掛からない防寒対策
『冬は1年でもっとも電気代がかかる季節』だということを知っていましたか? もちろん地域に...
大晦日の本当の意味や由来!3つの行事の本当の意味とは?
テレビを見たりうたた寝をしている間に、「気づいたら大晦日が明けて、新年を迎えてた!」という...
冬の光熱費を減らす節約術
エアコンは電気代が、ストーブは灯油代が、冬は何かと光熱費がかかる季節です。 しかし、...
冬こそ恋愛のチャンス
「春は恋の季節」というのは昔の話。ある統計によると、一番デートしたい季節は「冬」という結果...
Copyright (C) よろず
閉じる