ライフスタイルの豆知識

冬の光熱費を減らす節約術

冬は何かと光熱費がかかる

エアコンは電気代が、ストーブは灯油代が、冬は何かと光熱費がかかる季節です。 しかし、部屋に工夫をすることで、光熱費を減らすことが可能です。

窓や床を断熱

通気性の良い家に住んでいると、いくら部屋を温めたとしても、あったかい空気が抜けてしまいます。 これを防ぐために、窓に断熱シートを貼ったり、断熱効果の高いカーテンに変えましょう。
カーテンの長さも重要で、床までしっかりカバーしたものでないと、空いている隙間から温かい空気が漏れます。 また、外からの冷たい寒気が部屋の中に入り込んできます。
次は、床ですが、フローリングは温かい空気を冷やしますから、カーペットや断熱シートを敷いてください。

室内で厚着をする

「着る毛布」が流行りました。部屋の中で羽織っていると、部屋の温度を低くすることが可能です。 厚着をすると書きましたが、薄くてもあったかい下着が売られていますから、そういったものを身につけましょう。
また、防寒タイツを履くことで下半身の冷えをなくすことができます。 一人暮らしであれば、見た目を気にすることなく、毛糸の帽子やマフラーをすることもできるかもしれませんね。

暖房器具の温度設定

暖房器具を購入する場合は、消費電力を確認してください。 消費電力が高いものを購入すると、電気代が高くなります。エアコンなども、最近のものは省エネモードにできるのでだいぶ電気代の節約になります。 省エネモードの電化製品を購入すると電気代が大きく下る場合もありますから、古い家電をお使いのご家庭は買い替えをご検討ください。
なお、テレビを見ているときは、筋トレしながら見ましょう。身体が温まって筋肉もつき、一石二鳥です。

2015年01月05日 10867view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 節約 冬季
   
関連エントリー
重ね着…着る順番で温かさが違う!
いくら重ね着しても温かくならない、ということはありませんか?それなら素材と重ね方をチェック...
定期預金よりずっとお得な「旅行積み立て」
大手旅行会社や航空会社が行っている「旅行積み立て」サービス。お金を一定期間、積み立てると、...
借金でお悩みの方へ!自己破産をする前にできる3つのこと
借金の返済で悩んでいる方にとって、「どうすれば借金を減額・免責できるのか?」は非常に関心の...
冬の乾燥肌対策!室内温度調整で「潤い」湿度を保つ
空気中の水分量が低下しやすい冬の時期。 この時期は、お肌に含まれている水分が蒸発し、汗も...
サラリーマンでも確定申告をすれば税金が戻ってくるケースとは?
確定申告というと、会社員の大部分は「年末調整」により会社の方で所得税が精算されますので、無...
Copyright (C) よろず
閉じる