ライフスタイルの豆知識

ちょっとしたコツで字はきれいに書ける!

大人になってからでも字はキレイになる

字のクセを直すのは簡単なことではありませんが、ちょっとした心がけで字の印象が変わります。ここでは楷書の先生が教えてくれる、字がキレイに見えるコツをご紹介したいと思います。

ゆっくり丁寧に!

これは子供のころからよく言われることですが、基本中の基本です。速度が違うだけで字の感じが変わります。 丁寧に書く、というのは、線をまっすぐ、はね、はらい、点を正確に書く、という意味です。横線は少し右上がりにすると大人っぽい字になります。

全体のバランスを整える

ひらがなは漢字よりも8割ほど小さ目に書きます。その上で文章全体の文字位置のバランスを整えましょう。文字の間隔と傾き加減を一定にします。

文字のバランスの整え方

「佐」「林」「鈴」「様」などの文字を見ると分かるように、偏と旁の幅に差を出すとキレイに見えます。ほとんどは右側を左側の2倍幅にすると整って見えます。「剛」などは逆で、左を右の2倍にするとキレイに見えます。

観察し練習する

あとは練習あるのみです。日記をつけたり手紙を書いたりして実践しましょう。最初のうちは字のお手本を頭にインプットし、書くときにイメージするとうまくいきます。

うまく書こうとすると必要以上に右上がりになったり、書き出しをくねっと曲げてしまったりすることがあります。文字のクセを直すためには、はね・はらいは意識しつつも、シンプルを心がけるとよいでしょう。

2015年02月16日 36304view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 勉強
   
関連エントリー
忙しいあなたに!時間を効果的に使うコツ
1日のうちにやらなければならないことをリストにして、終わったらチェックしていきます。リスト...
社会人が「勉強」を継続するにはどうしたらいい?
社会人になると、会社から資格の取得を義務付けられたり、転職やスキルアップを目指したりするこ...
運動会は春?秋?|それぞれの理由と楽しみ方
運動会は子どもだけでなく親にとっても一生の思い出になるイベントです。 今でこそ楽しむ目的...
クリエイティブなセンスをいかにして高めるか
良いアイディアが欲しいのに思いつかない。仕事にせよ遊びにせよ、いつもと違ったことがしてみた...
子供に勉強させる一番の方法は教育ママにならないこと
大事な我が子だからこそ良い学校に行って成功してほしい、というのはほとんどの親の願い。でも、...
Copyright (C) よろず
閉じる