ライフスタイルの豆知識

新聞紙の効果的な使い道

古新聞を再利用しよう

読み終わった新聞紙は積み重ねてリサイクルに出すのが一般的ですね。ここでは古新聞の再利用法について考えます。

掃除に使う

古新聞をクシャクシャに丸め、少し水をつけて窓や鏡を拭いてみましょう。インクがガラスをコーティングする形になり、仕上がりの輝きに差が出ます。ちなみに車の窓には使えません。雨が降った時に油膜で見えにくくなってしまいます。
玄関などホコリっぽい場所をほうきで掃くときには、新聞紙を水で濡らしてから細かくちぎり、ばらまきましょう。新聞紙と一緒に掃くと、ホコリを舞い上がらせずにからめ取ることができます。

キッチンで使う

野菜の皮や魚などの生ごみは、新聞紙に包んで捨てましょう。エコですし臭い防止にもなります。
揚げ物をするときにはガス代の周りに敷いておくと掃除が楽になります。古新聞を広げてから霧吹きで水分を含ませると、火が燃え移る心配がなくなります。
焼肉やお好み焼きなど、食卓が汚れそうなときには前もって古新聞を広げておきましょう。小さい子供に食事をさせるときにも古新聞は必須ですね。

保温に使う

煮込み料理を作るなら、沸騰後コンロから下ろして新聞紙でくるみましょう。履かせ鍋がなくても保温できます。焼き芋やお弁当などを保温したいときにも便利。

臭い取りに使う

新聞紙は臭いを吸収してくれます。臭いが気になる冷蔵庫やゴミ箱に敷いておくといいでしょう。

湿気取りに使う

新聞紙は湿気をよく吸い取ってくれます。靴箱や押し入れに敷いたり、クシャッと軽く丸めて詰めておくと、カビっぽくなるのを防げます。
1日履いた靴にも、新聞を軽く丸めて入れておきましょう。汗が乾き、臭い防止になります。

2015年03月24日 13149view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
   
Copyright (C) よろず