ライフスタイルの豆知識

トイレ掃除はクエン酸と重曹でピカピカに

トイレ掃除

トイレ掃除はできれば毎日したいところですが、なかなか時間がないという主婦もいます。
毎日はサッとトイレ用の濡れティッシュで拭くだけで、1週間に1回程度のしっかり掃除をするなら、 クエン酸と重曹を上手に使ってピカピカにしてしまいましょう。

クエン酸

便器の縁の内側は結構摂れにくい尿石が固まっています。 トイレ洗剤は意外と取れないことがあるので、そこでクエン酸の登場なのです。
クエン酸と水を同量ぐらいに混ぜてティッシュに吸わせます。それを便器の内側の縁の置くに詰めていきます。 これで10分ほど置いてからティッシュをとってタワシで擦るときれいになります。

重曹

基本的にトイレ掃除はクエン酸でも重曹でもOKですが、特に便器の中はクエン酸、便器の外側は他の部分は重曹の方がおすすめです。
重曹は水で割ったスプレーを作っておくと便利です。スプレーの濃度は適当で問題ありませんが、 普通のスプレー半分程度の水に小さじ3杯から4杯の濃いめの重曹液を作った方が効果が早いのではないでしょうか。

ただし濃いめの重曹液を使うと、乾いてから白くなるときがあるので、そのときはサッと雑巾で拭けばOKです。
特に薬品のような毒素もないので子どもがいても安心ではないでしょうか。クエン酸の方は水と同量ぐらいに濃くして便器内の湿布にしましょう。 頑固な黄ばみなどに効果が高いはずです。


1週間に1回程度のお掃除をしっかり行っていれば、特にクエン酸の活躍の場はないかも知れません。 普段は重曹の薄めた液で十分ではないでしょうか。またトイレ用の消毒ティッシュなどがなくても、 可愛い重曹水スプレーボトルを1本置いておけば、気になるところにサッとスプレーしていつもきれいでいられます。

2015年09月29日 7451view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 掃除
   
関連エントリー
どうしたらいい?部屋をきれいいに保つ方法
世の中には2種類の人間がいます。 『部屋がすぐに汚くなる人』と『長くきれいに保つことがで...
洋服のしみ抜き方法
外出先で洋服にシミができてしまったら…。まずはティッシュでつまむように拭き取りましょう。擦...
ちょっとした工夫でゴキブリ対策!
ゴキブリは一度の産卵で30個の卵を産みます。しかも、ワンシーズンで3~5回の産卵をします。...
夏の洋服をしまう前にひと工夫!これで来年もパリッと着れる!
洗濯してから収納したつまりでも、翌年出してみると思わぬシミが付いていたりシワを取るのに苦労...
洋服の毛玉を簡単に取る方法
オシャレなセーターも放っておくといつの間にか毛玉ができてしまいます。洋服は毛玉ができると一...
Copyright (C) よろず
閉じる