ライフスタイルの豆知識

スマホをトイレに落としたときの復活のコツ

スマホをトイレに落としたら?

スマホをジャケットのポケットに入れたままトイレに入ったら、ポチャン! そんな経験はありませんか!?

あわてて拾い上げて、水を振り払う、そんな対処法はNGです。 スマホをトイレに落としたときは、そっと拾ってトイレットペーパーで水分を吸い取りましょう。 落ちてすぐなら、水が中まで入り込んでいない可能性があります。

電源を入れてはいけない!

次にやりたくなるのは、電源を入れてスマホが正常に動くかどうか確かめることですが、これをやるとショートする危険性があります。 電池やSIMカードなど取り外せるものはすべて取り外し、スマホを乾かすようにしてください。電源を入れていいのは、乾いてからです。
また、乾かすときはドライヤーの温風ではなく、冷風で乾かしましょう。精密機械であるスマホに熱を与えるのはよくありません。

スマホの修理

スマホを水没で修理に出す場合、キャリアごとのケータイショップに持って行ってください。 ケータイショップが、データを取り出す復旧サービスをしている場合があります。このようなサービスのある、補償内容が手厚いキャリアのものを購入した方がよさそうです。
また、万が一の場合に備えた補償サービスに加入していることもあるので、店頭で相談してみましょう。

バックアップは小まめに

スマホが壊れて困るのは、入力されているデータが消えてしまうことです。 友人・知人のアドレスやそれまでに撮りためた画像など、大切なデータが入っているのではないかと思います。 トイレに落として後悔しないように、日頃からバックアップを小まめに行っておきましょう。

2016年02月24日 4106view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : スマートフォン
   
関連エントリー
若くても発症!?デジタル認知症
若くても発症する認知症として「若年性認知症」があげられますが、発症の時期は平均で50歳ぐら...
初心者向け|格安simとは?メリットやデメリットについて
近年、スマホや携帯電話の値下げ競争が激化しています。無料通話アプリや格安プランが登場し始め...
写真や動画撮影には要注意!!スマホ端末の空き容量が不足して動きが鈍くなる原因にも
最近Androidスマートフォンの動きが鈍い…調べてみたらスマホ端末の空き容量が不足してい...
長時間のゲームが日常生活に及ぼす影響
ゲームと聞くと、子どもの遊び道具という認識を持っている人は多いと思います。 しかし近年は...
スマホの見すぎで起きる「VDT症候群」
ヒマな時間にスマホを見るのが習慣となってしまっている現代人に、「VDT症候群」という病気が...
Copyright (C) よろず
閉じる