ライフスタイルの豆知識

ランドセルを選ぶポイントを考える

ランドセル選び

ランドセルを選ぶポイントを考えてみましょう。 多くのランドセル購入経験者はどのように思っているのか。 またこれから購入する人の思いはどのようなものなのでしょう。

ランドセルの決めては

ランドセルの決めてはやはりカラーと価格と耐久性と言われています。
最近ではカラーもデザインもさまざまなものがたくさん出まわり子どもの希望と親の希望の両方のバランスが良いものが売れているようです。
そこでこの3つがポイントとなっています。

カラー

ランドセルのカラーは昔のように女の子は赤、男の子は黒ということはありません。
女子の場合、赤はもちろんピンクや茶色も人気です。また男子は黒の他にブルーや茶色も人気となっています。

色はある程度子どもの好きなものにしてあげたいものですが、あまり個性的な色を選ばれると親の方が躊躇してしまう場合もあるようです。
飽きないようにということもあり、赤、ピンクや黒、ブルー、茶がやはり多いと言われています。

価格

価格は親側の問題であり、やはり価格の許す範囲の中で、子どもに選ばせるということになります。
4万円~6万円が最多と言われていますが、家庭の事情によって2万円後半のものから10万円程度までとなっているようです。
ここは子どもに決めさせる部分ではないので、親がしっかり子どもの選ぶ範囲を示すことが大切です。

耐久性

最後は耐久性です。卒業までに修理をしたという経験も20%程度はあるようです。
特に男の子は乱暴なので壊れやすいのかも知れません。
とは言ってもランドセル自体、本当に頑丈にできているので、ちょっとのことではなかなか壊れないでしょう。

デザインとしてスクエア型というタイプがありますが、放り投げたり乱暴に扱うことには弱いと言われています。
マチなどのところのヘリ巻きがないスクエアタイプは、すっきりしたデザインです。
中の広さも広くなるのでA4フラットファイルもゆったり入るようになっています。

マチの縫い目にヘリ巻きがあると相当強固になるようです。
そういう意味では男の子にはあまりスクエア型はおすすめできません。
あとは手作りのものほど耐久性はあるようですが、耐久性はどれもしっかり考えられているようです。

2016年03月10日 2851view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 育児 教育 勉強
   
関連エントリー
忙しいあなたに!時間を効果的に使うコツ
1日のうちにやらなければならないことをリストにして、終わったらチェックしていきます。リスト...
子供の成績を上げるには塾と家庭教師どっちがいい?
小学校や中学校、高校に通うお子様がいらっしゃる家庭では、子供に対してどんな学習環境を用意し...
子供に勉強させる一番の方法は教育ママにならないこと
大事な我が子だからこそ良い学校に行って成功してほしい、というのはほとんどの親の願い。でも、...
運動会は春?秋?|それぞれの理由と楽しみ方
運動会は子どもだけでなく親にとっても一生の思い出になるイベントです。 今でこそ楽しむ目的...
子育てに興味のない夫、イクメンへの育て方
子供が生まれたら、女性はイヤでも母親にされますが、父親になりきれない夫がたくさんいるようで...
Copyright (C) よろず
閉じる