ライフスタイルの豆知識

災害時に、ペットをどうやって助けよう!?

ペットの避難

災害が起こったときにペットをどうしよう……、そう考えたことはないでしょうか? 災害時には人が優先的に助けられますから、どうしてもペットは後回しになってしまいます。

また、人間の食べ物は支給されますが、その中にペットのエサはありません。それを考えると、ペットのエサは普段から備蓄しておいた方がよさそうです。

ペットとの同行避難

環境省が『災害時におけるペットの救護対策ガイドライン』を定めており、災害時にはペットとの同行避難をすすめています。
災害が起こったら、飼い主はペットと一緒に逃げていいというものですが、実際に避難所にペットを連れて避難できるかはわかりません。
ペットの受け入れをしてもらえる避難所もあるようですが、そうでないところも……。そのときになってみないとわからないようです。
人も判断に迷うような緊急避難時に、ペットを連れて冷静な行動が取れるとは思えないので、普段からペットの預け先などを考えておいた方がいいかもしれません。
犬などは、避難時に安全な場所に逃げるように訓練しておくことなどができるようであれば、しつけておいてはいかがでしょう。

ペットにマイクロチップを

震災時には、飼っていたペットが行方不明になってしまうこともあります。
飼い主がわかるように「迷子札」を用意しておきましょう。
ちなみに、ペットにマイクロチップを付けるという方法もあるようです。
マイクロチップには15桁の数字が記録されており、この番号を専用のリーダーで読み取ることで固体を識別します。
マイクロチップは、注射針より太めの「マイクロチップ注入器」を使ってペットの体内に注入します。
マイクロチップの注入は動物病院で行っていますから、震災時の身元確認のためにもご検討ください。

2016年04月26日 4160view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 災害・事故 ぺット
   
関連エントリー
一人暮らしの女性の防犯対策
一人暮らしの女性の方、防犯対策はしっかりと行っていますか!? 鍵をしめているから安心...
急な災害に備えて!オススメ防災グッズ
日本は外国諸国に比べて、自然災害が特に発生しやすい国であることはご存知でしょうか。日本は、...
無駄吠えをするワンちゃんをしつける簡単テク
かわいいペットのムダ吠え。飼い主なら何とか我慢できても、ご近所さんから苦情が来てしまうこと...
高齢者ドライバーの事故、歩行者やドライバーにできることは?
認知症の高齢者ドライバーが暴走し、歩行者をはねるという事故が立て続けに起こっています。 ...
もし、地下鉄に乗っているときに“大地震”が発生したら!?
地下鉄に乗っているときに大地震が発生したら……と考えたことはありませんか?
Copyright (C) よろず
閉じる