ライフスタイルの豆知識

梅干を作ってみよう!

梅干を手づくりできる人が減ってきた?

昔はどの家庭でも手作りしていた梅干し。 安くておいしい梅干しがスーパーで手軽に購入できるようになった現代、手作り梅干しを味わう機会は明らかに減ったのではないでしょうか?
そんな現代だからこそ、あえて手作り梅干しに挑んでみましょう。

梅干の作り方・・・準備するもの

梅2キロ・・・少し黄色みがかってきたものを選びましょう。
まだ青くてかたい梅なら、紙袋に入れて2~3日おき、黄色くなるのを待ちましょう。熟し過ぎにも要注意!

傷がついているものや黒い斑点があるものは、カビの原因になるので避けましょう。梅干し用の梅は、肉厚で種が小さいものほどいいです。

塩・・・300~400g。自然塩がおススメ。自然塩はにがりを含んでいるため、梅干しの出来上がりがまろやかでおいしくなります。

陶製のかめ・・・2キロの梅干しが入るサイズの容器を準備しましょう。
梅干しは酸が強いので、陶製のものがおススメ。漬物用のポリ容器やホウロウ製のツボでも大丈夫です。

落とし蓋・・・木製か陶製のものを使いましょう。ちょうどよい大きさのお皿でもOK。

重石・・・陶製のものがおススメ。

ザル・・・竹製の大きなザルを用意しましょう。

その他・・・木綿の布巾、竹串。

梅干の作り方・・・手順

① 大きな桶に水を張り、梅を念入りに洗い、清潔な木綿の布巾で水分をふき取ります。竹串でヘタの部分を取り除きます。 梅は傷が付くとそこから傷んだりカビが生えたりするので、丁寧に扱いましょう。

② 梅干用の容器に軽く塩を振り、塩をこすり付けた梅を敷き詰めていきます。
敷き詰める過程で、さらに塩をまんべんなく振りかけます。最後に余った塩を上にのせ、重石を乗せて落し蓋をし、1週間放置します。

容器は風通しの良い涼しい場所に置きましょう。

③ 1週間したらフタを開け、梅酢が上がってきているか確認しましょう。
上がってきていないのなら、かめの底に塩が溜まっている可能性があるのでかき混ぜて、さらに放置してみましょう。 (この時点で赤シソ(塩もみしたもの)を入れると梅干しが赤く染まります。)

④ 天気の良い日を選び、ザルに広げて干します。3日干したら梅を裏返し、さらに3日干したら出来上がりです。

時期は、6月中旬ころに梅が出回るので購入し、7月中旬ごろにザルに広げて干すのが一般的です。

2016年05月16日 2006view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 健康食品
   
関連エントリー
肉が身体に悪い……というのは大間違い!?
肉というと、コレステロールが高いというイメージはありませんか?
午前中から頑張るために、朝食をとろう!
朝食をとらないという方、多いのではないでしょうか。 朝は忙しく食欲がないということもある...
ヘルシーにこだわると痩せない?
ダイエットにはヘルシーな食品を摂ることが基本です。 ダイエットについてのエッセーでも体験...
Copyright (C) よろず