ライフスタイルの豆知識

キッチン収納はいつも使う物と使わない物をはっきり分ける

キッチン収納

キッチンは女性にとってとても大切な場所です。 毎日立つところであり、作業場であり、ある意味ではストレス解消の場でもあるのです。

しかし残念なことに、ストレスを溜めてしまう場所になってしまっている場合もあるようです。
そこでキッチンを使いやすく、ストレス解消の場にすることを考えてみましょう。

まず徹底的に物を減らす

キッチンにはいらないものがたくさんあります。まずできるだけ捨てて、物を減らすことを基本とします。
そしてその上で残ったものすべて、よく使うものとあまり使わないものに分けるようにしましょう。
例えば食器もナベもフライパンもそのように分けてみます。

食器

まず食器は徹底的にいつも使わないものを棚の奥や上にまとめ、使うものを使いやすい場所に、使いやすいように余裕を持って収納しましょう。
逆にいつも使わないものはぎっしり詰めてしまってもOKです。
またその中でも、より使わないと思う食器は捨てることをもう一度考え、取っておくなら上にある吊り棚などにしまってしまいます。
1年たって使わなかったら、そのときもう一度捨てることも考えてみましょう。

引きだし

引きだしに入れるものは細かいものが多くなりますが、よく使わない段と使う段という分け方ではなく、使わないものを引きだしの奧に、使うものを引きだしの手前に収納するようにします。
百均などの容器を上手に利用して使いやすく工夫してみましょう。

フライパンやなべ

フライパンやナベはガス台や流しの下に置くことが多くなります。つまり狭いキッチンでは、そこしか置けないからです。
しかしフライパンやナベも、いつも使うものと使わないものをはっきり分けてみます。
使わないものは奧に重ねてしまい、いつも使うものを使いやすいように手前に置くようにします。
そしていつも使わないものは再度捨てることを考えて、捨てられるものは捨てるようにしましょう。

水切りなどは小さく作業台を広く

作業台はできるだけ広く取りたいものです。しかし狭い作業台でもそこに水切りカゴも置かなくてはなりません。
そこで水切りカゴを置かず、水切りシートを使うようにしましょう。食器を洗ったらシートの上に置くだけで水が切れて作業台も広く使えます。
シートは数枚持っておき、食後食器をたくさん洗うときには数枚に広げて使い、普段は1枚だけ出しておいて使うようにしましょう。

2016年06月06日 2706view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 掃除
   
関連エントリー
洋服の毛玉を簡単に取る方法
オシャレなセーターも放っておくといつの間にか毛玉ができてしまいます。洋服は毛玉ができると一...
狭い部屋を広く見せるコツ
同じ間取りの部屋でも、家具の配置や色の組み合わせを考えることで、部屋を広く見せることが可能...
仕事ができる人は机がキレイ!?その3つのワケとは?
「机が汚い人は仕事ができない人だ。」とよく言われますが、実際はどうなのでしょうか?
洋服にニオイがついてしまったときの対処法
Tシャツやスウェットにニオイが付いたならまだしも、しょっちゅう洗うわけではないセーターやス...
大掃除の前に 断捨離の方法
近年、男性・女性問わず、断捨離を試みる人が増えています。 断捨離とは、ただ要らない物を捨...
Copyright (C) よろず
閉じる