ライフスタイルの豆知識

給料が下がっても転職はするべきか

転職はしたい。でも給料が上がる保証はない。

転職で一番大きな悩みの種となってしまうのが、給与の問題です。 また1からのスタートになってしまうのではないか。 今の給料より下がってしまうことで、奥さんに負担をかけてしまうのではないか。
確かにこの点に関する保証というのは一切用意されていません。 しかし給料が下がってでも、転職をする意義があるというのも事実です。

環境が変われば人生が変わるということ

転職を希望する理由は各人にとって様々。

人間関係
上下関係
仕事の付き合い
自分のミス、他人のミス

色々あるかとは思いますが、仕事が変われば自分の生活圏だけではなく、ライフスタイルそのものも変化してきます。 付き合っていく人間が変わりますので、当然全てが新しい環境になります。 ある意味リセットに近い部分もありますので、給料が下がったとしても、転職をすることで、さらなる躍進ができたという人も実際に少なくありません。

今の職場で我慢するのか、 それとも新しい職場で心機一転、例え1からでも頑張ることができるのか。 給料が減ってしまうのは確かに大きな負担を意味しますが、今の仕事環境に大きなストレスを感じているのであれば、転職をした方が、人生そのものが明るくなるかもしれません。

2013年04月17日 35496view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 仕事
   
関連エントリー
子供向けeラーニングは本当にオススメ?普及の理由4つと3つの注意点
eラーニングとは、@s1@インターネットを通した学習スタイル@/s1@のことで、主にパソコ...
仕事ができる人は机がキレイ!?その3つのワケとは?
「机が汚い人は仕事ができない人だ。」とよく言われますが、実際はどうなのでしょうか?
アポイント獲得の確率をアップさせる営業術 5つのポイントと注意点
アポとは、アポイントメントの略で「面会の約束」を意味します。営業職に従事していて、@s2@...
【2018年版】派遣社員はこれからどうなる?派遣の現状と将来
「派遣」という働き方に対する世間のイメージは、@s2@プラス・マイナス両面あります。@/s...
仕事や就活でうつ病になりやすい人の3つの特徴とは?解決策も紹介
深刻な現代病の1つと言われる「うつ病」。 ここで言ううつ病とは、10代の若者によく使われ...
Copyright (C) よろず