ライフスタイルの豆知識

暑すぎる!愛犬を熱中症から救え!

熱中症にかかるのは人だけではありません。 愛犬が口を大きく開けて、ハァハァと息苦しそうに呼吸をしていたら熱中症かもしれません。

熱中症の症状

犬の皮膚には人間のような“汗腺”がないため、口呼吸をして熱を放出することで体温を下げています。
炎天下を散歩して急激に体温が上がれば、動悸、息切れ、よだれ、嘔吐、ふらついて倒れることもあります。
特に、太り気味の犬や高齢の犬、呼吸器系の弱い犬だった場合は、これらの症状が出やすくなります。

熱中症を予防するには?

犬の散歩は気温の高い日中は避けて、早朝か、太陽が沈む夕方以降にしましょう。
また、靴を履いていない犬を、熱いアスファルトの上を歩かせるのは避けてください。土の上や草のあるところを選んで散歩させましょう。
車の中や部屋の中でも、窓際などは外と同じぐらい日が当たることもあります。
愛犬を留守番させるときには、部屋の温度に気をつけた方がよさそうです。
犬は口がきけませんから、ぐったりしているときには手遅れということもありえます。

愛犬の様子がおかしかったら?

愛犬の様子がおかしいときは、一旦涼しい場所に移動させて、水が飲めるようなら飲ませて水分補給を行いましょう。 応急処置をしたら、すぐに近所の動物病院に連れて行ってください。 そのときは持ち直したとしても、家に帰った後で体調に変化が出ることもあります。念のため、獣医に見せておいた方が安心です。

改行は
2016年07月25日 4766view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 夏季 病気 ぺット
   
関連エントリー
あなたの息は臭くない!?正しいマウスケア
口が臭いと思ったら、虫歯や歯磨きを意識する人は多いと思います。 唾液の分泌量なども口...
三大疾病に備える!保険の特徴や選ぶポイント
日本人の@s1@死亡原因の約40%@/s1@を占める、@s2@がん・心疾患・脳血管疾患の三...
介護の不安・負担を軽くするための予備知識
「自分も親も、まだ若いから大丈夫!」と、介護の問題を他人事のように考えている人は多いようで...
鬱状態を感じたら早めに対策を
鬱病はいまや誰でも、いつ起こっても不思議ではない病気と考えるべきではないでしょうか。 現...
二日酔いのメカニズムと正しい対策方法
実は、二日酔いのメカニズムについては詳しく解明されていません。 お酒の飲みすぎが原因であ...
Copyright (C) よろず