ライフスタイルの豆知識

こんな服装はNG!?子供の卒業式で気をつけたい母親の服装マナー

子供の卒業式にはどんな服装でいったらよいの?

お子様のご卒業、おめでとうございます。春が訪れると、いよいよ卒業式の日が近づいてきます。
幼稚園の卒園式や小学校の卒業式は、子供たちが成長する途中の大きな節目。
子供の成長を感じる、とっても感慨深い日になりますよね。

だけど卒業式って何を着ていったらいいのかな?と考えてしまうことがあると思います。
大切な式典ですから、マナーには気をつけなければいけません。
他のママさんたちとずれた服装で浮いてしまったりすれば、自分が恥ずかしい思いをするだけではなくお子さんも恥ずかしい思いをしてしまいます。
卒業式での服装の常識を、一度チェックしておきましょう。

・基本はフォーマルなスーツ

卒業式はフォーマルなスーツスタイルで出席するのが一般的です。
スーツはフォーマルであれば大丈夫ですが、パンツスタイルよりワンピースやスカートといったフェミニンなスタイルが人気のようです。

落ち着いた母親らしさを演出することがポイントです。
スカートにツイードのジャケットなど、上品なおしゃれ感を演出してもよいでしょう。

・卒業式の服装に合った色は?

入学式では、春らしい明るいピンクやベージュなどの華やかな色も好まれます。
ですが卒業式はお別れの場。
明るい色ではなく「黒・紺・グレー」を着るようにしましょう。

・着物はあり?

卒業式に着物を着る場合は、派手な柄や色のインパクトが強いものは避けるようにして下さい。
控えめな色合いの色無地の着物、落ち着いた付下げの着物を選びましょう。
グレーや水色、紫などの寒色系が望ましいです。

卒園式や卒業式でマナー違反の服装

卒業式の服装選びで間違えてしまうと、周りの人たちには白い目で見られてしまうもの。
なかなか指摘はしてもらえないので、マナーは自分で心がけるしかありません。細心の注意を払っておきたいところです。

・膝丈より上のミニスカート

短すぎるスカートは母親としての品位を下げる印象になりかねません。スカート丈は膝下くらいが上品な印象になります。

・タイツ

まだ寒い季節ですが、卒業式にタイツはNG。ナチュラルカラーのストッキングを着用しましょう。

・派手な暖色の洋服

赤系や黄色系など派手目な色を身につけるのはマナー違反です。特に暖色系の色を持ってくるのは好ましくありません。
落ち着いた場で派手な色合いを使うと、とても目立ちます。卒業式の主役はあくまでも子供たちだということを忘れてはいけません。

・カクテルドレスなどのドレス

先生方はドレスを着用することもありますが、保護者にはあまり見られません。目立つような服装は避けましょう。

バッグやアクセサリーは?卒業式での小物づかいについて

・バッグについて

卒業式のシーズンはまだ涼しいこともあり、防寒用のストールを持ち歩くこともあります。
式典ではじっとしていなければならないので、かなり体が冷えます。いざという時のためにカイロや膝掛けといった防寒グッズはできるだけ用意しておきたいところです。
ハンカチしか入らない小さなバッグよりも、少し大きさに余裕のあるものを用意しておくと便利です。

バッグは正面にブランドのロゴが光っているなど、主張の強いものは避けた方が無難です。

・靴について

卒業式はフォーマルな服装での出席が望まれますから、靴はつま先やかかとの開いていないものを選んで下さい。
ヒールは5センチくらいまでのものにしましょう。

・アクセサリーについて

アクセサリーは派手なものでなければ身につけて大丈夫です。
定番はパールのネックレスやコサージュ。
ただし、パールのネックレスは二連のものを選ぶと派手になりがちなので、一連のものが無難です。

コサージュは明るい色のものを身につけて大丈夫ですよ。

卒業式の服装まとめ

卒業式は子供たちを育んでくれた学校や友達への感謝とお別れの式典。
親にとっても感慨深いものですが、子供たちにとっては毎日をすごした学校を離れることになりますから、とても大事な節目になります。

何よりも子供たちにとって、素晴らしい日にしてあげたいですね。見守る側にふさわしい服装で、子供たちの成長していく日の姿を見届けてあげて下さい。

2017年02月24日 5290view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 教育
   
関連エントリー
Copyright (C) よろず
閉じる