ライフスタイルの豆知識

こいのぼりの種類や選ぶポイントって?

こいのぼりに込められた意味

5月5日(端午の節句)はこどもの日です。
そのときの飾りとしてこいのぼりがありますが、なぜ鯉を飾るのでしょうか。
まず、こいのぼりにかけられた意味について説明します。

こいのぼりは元々、中国に由来があります。中国には「鯉が門の滝を上ると竜となって天をかける」という故事があります。
日本でも多く使われる、その関門を乗り越えたら立身出世が叶うという意味の「登竜門」はこの故事から来ているようです。
つまりこいのぼりには、「男の子の立身出世を願い立派に育って欲しい」という願いが込められているのです。

こいのぼりのはじまり

ではなぜ鯉を見立てたのぼりを立てるようになったのか。
江戸時代、徳川家に男の子が誕生した際、お祝いのためにのぼりを立てる風習がありました。
それを庶民が真似して、立身出世の意味を持つ鯉と掛け合わせてこいのぼりを考案したのがはじまりだと言われています。

大正時代の初期までは、和紙で作られることが当たり前だったようですが、昭和の中ごろからは今のような雨に濡れない素材で作られたものが広く浸透していきました。
同時にスーパーや百貨店などでも販売されるようになったため、様々な種類のこいのぼりが家の軒先に立てられるようになったと言われています。

今では家庭だけでなく、幼稚園・保育園や学校などでも、歌や制作物などを通してこいのぼりに関する行事が行われるようになっています。

こいのぼりの種類

こいのぼりはよく見ると、それぞれの大きさが違います。またそれぞれ色も異なります。
この違いにはしっかりと意味があり、並ぶ順番も決まっているのです。 上から下の順に説明します。

○真鯉

真鯉は一番上にある一番大きな鯉です。色は黒で、家族の役割としてはお父さんに当たります。
確かに大きな見た目からしても、頼りがいがある大黒柱のような風格があるように感じます。 しかし実は、江戸時代にこいのぼりの風習がはじまった頃は、こいのぼりは一匹だけで飾るのが基本でした。
なので、黒い真鯉であってもお父さんではなく、子どもを現わしていました。明治時代に入ってから緋鯉がセットで飾られるようになったようです。

○緋鯉

一般的に、真鯉がお父さんで緋鯉はお母さんと言われます。
真鯉より小さく子鯉より大きい見た目や、鮮やかな緋色(赤色)からは家族を優しく支えるお母さんのイメージが想像できます。
ところが、実は緋鯉も初めからお母さんを現したものだったわけではなく、子どもを現していました。
歌にも、「大きい真鯉はお父さん~♪小さい緋鯉は子どもたち~♪」とあります。
昭和39年以降、こいのぼりの販売が盛んになったことや、女性の社会進出が増えてきたころから、こいのぼりにもお母さん役が登場し始めたと言われています。

○子鯉

青色が定番の一番小さな子鯉ですが、先ほど説明したように、元々は緋鯉が子どもを現わすものでした。
こいのぼりが家族を象徴する役割を持ち始めたことで、青の子鯉が作られたと言われています。
またこいのぼりのそれぞれの色や役割は、地域によっても異なるようです。
たとえば、子鯉が黒や赤で作られているケースも珍しくありません。

イベントとしてより子どもと楽しむには?

こいのぼりという伝統のすご味を感じながら、1年に1回のイベントであるこどもの日を親子でより楽しむには2つのポイントがあります。

1つは、たくさんの市町村で行われている「こいのぼりの川流し」というイベントに参加することです。
大小様々な鯉を、文字通り川に流します。ロープなどでつながれているので実際に流されてはきませんが、まるで大きな鯉が本当に泳いでいるような姿が表現されています。
他にも、川の岸から岸にいくつもロープを張り、そこにたくさんの鯉を洗濯物のようにつるして泳いでいるように見せるといった種類の川流しもあります。

そして、親子でこいのぼりを作るというのも単純ですが楽しめます。
ただ紙で作るだけではなく、クッキーやお寿司などで模したものを作ったり、最近のコスプレブームに便乗して簡単な被り物を作ったりしてもいいでしょう。

以上、こいのぼりについて様々な情報をお伝えしました。

2017年05月02日 343view
関連豆知識 : 育児
   
関連エントリー
ひな祭りには何をしたらいいの?ひな祭りの食べ物から慣わしまで
外が暖かくなって春が訪れる、そんな心浮かれる頃にやって来るひな祭り。 3月3日は女の子に...
間違えたら嫌われる?失敗しないホワイトデーのお返しはこれ!
ホワイトデーのお返しには何を選んだらよいのか迷っている皆さん。 実はホワイトデーにあげる...
結婚するとたいへん!家事や育児を手伝おうとしない夫
結婚後に、家事や育児をまったく手伝おうとしない夫がいます。 このような夫の思考回路で...
こんな服装はNG!?子供の卒業式で気をつけたい母親の服装マナー
お子様のご卒業、おめでとうございます。春が訪れると、いよいよ卒業式の日が近づいてきます。 ...
春先に備えた花粉症予防!甜茶で目のかゆみと鼻水を改善できる?
春先になると、アレルギー性鼻炎持ちの人を悩ませる花粉症。 くしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目の...
Copyright (C) よろず
閉じる