ライフスタイルの豆知識

お葬式の費用・時間を抑えたい人へ|人気の3種類

従来のお葬式スタイルを選ぶ人は減っている!?

お葬式は故人を安らかに眠らせてあげるための大切な儀式です。
しかし従来のお葬式は、何日も前から参列者に通知を送ったり、お通夜や火葬の後の会食の段取りをしたりと費用や時間が多くかかることがデメリットとしてありました。

当日忙(せわ)しなく準備や気配りを行うため、故人の死とゆっくりと向き合う時間が少ないのが実情です。また核家族化や独居老人の増加といった、日本のライフスタイルが大きく変化している現状もあります。

そこで近年人気となっているのが、費用と手間を極力抑えることができ、かつ故人をしっかりと弔うことができる3つのお葬式スタイルです。

特に代表的なものを3つ紹介します。

人気がある3種類のお葬式

1.一日葬

一日葬は、文字通り一日でお葬式が終わるスタイルです。
従来のお葬式にあったお通夜が開かれないため、日程を二日間取る必要がありません。
お葬式を開く側だけでなく、遠方から参列する人にもメリットとなります。
また、お通夜では「お清め料理」や「お通夜振る舞い」といった出し物があるのが通常ですが、一日葬ではこれらの費用も掛かることがありません。

一般的な一日葬は、次のような流れで行われます。

①葬儀会社に連絡し故人を迎えに来てもらう
➁寝台車で個人を安置所へ送る
③葬儀会社と流れについて相談した後、化粧などで故人の外見を整え納棺
④故人と共に葬儀場に移り、告別式
⑤火葬場まで移動し火葬・収骨後、葬儀会社と段取りを済ませ終了

人が亡くなってから24時間以内は火葬できないことが法律で定められているため、①~③の間は必然的に1日空くことになりますが、葬儀自体は一日です。
葬儀会社によってプランも様々で、告別式の最中もしくは告別式後に初七日法要を行ったり、ロウソクや遺影・位牌などを準備してくれたりといった内容のものがあります。

2.家族葬

家族葬は、故人の家族や親族を中心に行うスタイルのお葬式です。
参列者として招く人は特、故人と特に親しかった人までというケースが多いため、比較的少人数で催されることになります。
一日葬同様、会食にかかる費用や手間とともに、引き出物の準備などの段取りも不要であることから人気が高まっています。

家族葬の流れは一日葬とほとんど同じですが、一日葬では行われないお通夜が③と④の間、つまり告別式の前に行われるという点に違いがあります。

少人数の身内だけで行われる家族葬は「密葬」と混同されることが多いですが、厳密には違います。
密葬が、やむを得ない事情によりひっそりと行われる葬儀であるのに対して、家族葬は他人に隠す必要のないものです。

やむを得ない事情とは、たとえば故人が芸能人で式に混乱を招く可能性がある、亡くなった原因を他人にあまり知られたくない、といったケースです。
また、お葬式の後日、密葬では「本葬式」が行われることがありますが家族葬では基本的にはありません。

3.火葬式

火葬式は3つ中でも特に簡素化されたお葬式のスタイルです。
従来のお葬式や一日葬・家族葬で行われるような通夜や告別式は催されず、さらに身内だけで行うことが可能です。

葬儀会社によっては簡易的な告別式のプラン(「お別れの儀式」など)を用意しているところもありますので、「火葬だけでは寂しい」と感じる人は希望に応じてオプションのような形で選ぶこともできます。

火葬式の流れとしては、納棺後の通夜と告別式がなく、そのまま火葬場へ移り、火葬・収骨という流れとなります。
もちろん火葬までの間、24時間以上の空きは必要です。

それぞれの費用相場について

・一日葬…30~40万円
・家族葬…40~50万円
・火葬式…約20万円

これらはあくまで相場の費用ですが、従来のお葬式は基本的には100万円以上かかることから、どれを選んでも大幅に抑えることが可能です。

ここまで紹介した以外のオプションには次のようなものがあります。

・告別式の祭壇をアレンジできる
・永代供養ができる
・納骨する寺院の紹介をしてくれる

これらの費用も葬儀会社によって異なります。

まとめ

今回は、費用や時間を抑えられるお葬式の種類とメリットを紹介しましたが、一番大切なのは「想い」です。
故人が安らかに眠れるためにはどんなお葬式がベストなのかを考え、家族や親族の想いがこもったスタイルを選びたいものです。

2017年05月23日 655view
   
Copyright (C) よろず
閉じる