ライフスタイルの豆知識

お中元の基礎知識|マナーやお礼状の書き方

お中元の意味

よく勘違いされるのですが、お中元にはお祝いの意味合いはありません。あくまで日ごろお世話になっている人へお礼をするための贈り物です。

現在は、7月1~15日までに贈るのが最適な期間とされています。
元々お中元は、お盆の行事の1つとして旧暦の7月15日(新暦の8月15日)に贈られるものでした。
お盆には祖先の霊を供養する「盂蘭盆会(うらぼんえ)」する風習があったため、お中元はそのための贈り物として贈られていたのです。
それが次第に、お世話になっている人へのお礼として贈られるようになっていき、現代のお中元の形となりました。

お中元を贈る時期は、基本は7月1~15日ですが、地域によって異なる場合があります。
たとえば、関東地方は7月1~15日、関西地方は8月1~15日が一般的と言われます。

日本のお中元事情

お中元は古くからある日本の文化ですが、時代の流れとともに贈る人は少なくなってきています。
お中元だけでなく、お歳暮や年賀状といった文化も同様です。

親戚や友人関係が希薄になってきたことや、20~40代の若者を中心とした働く世代に共働きが増加し時間の余裕がなくなってきたことなどがその背景にあります。
こうした中、より便利にお中元を贈ることができるツールとして、ネットショップやカタログ通販などが人気を集めています。

また会社によってはそもそも取引先にお中元を贈ることや受け取ることを禁止としているところもあるようです。
費用や手間を削減するため、特定の取引先にひいきをしないため、といった理由が背景にあります。
特に、教員や市役所員などの公務員系の職種は「公務員=全体の奉仕者」という特性があることから、特定の個人から贈り物をもらうことは良しとされていない見方も強くあります。

基本的なマナー

〇のしの書き方

贈り物につける「のし」は時期によって書き方のマナーが異なります。
以下がその違いです。

・7月1~15日に贈る場合
お中元、御中元

・7月16日~8月7日(立秋)に贈る場合
暑中お見舞、暑中御見舞、暑中お伺

・8月7日~9月上旬に贈る場合
残暑お見舞、残暑御見舞、残暑お伺

※関東地方

〇送り状を同封する

ただ食べ物や日用品を贈るだけでなく、相手の健康を気遣ったりこちらの近況を簡単に報告したりする手紙を「送り状」として添えるのも、大事なマナーです。

会社の上司や恩師など、目上の人には「拝啓」や「謹啓」、「敬具」や「謹白」といった丁寧な挨拶語を使って、改まった文章を書きます。
仲のいい友人や知人にはもっとフランクな表現で書いても問題ありません。

〇品選び

お中元には「絶対にこれを贈らなければならない(贈ってはならない)」という決まりはありません。
健康食品や役立つ日用品など、相手の好みや立場に合わせたものを贈りましょう。

ただし、値段が安すぎる物や高すぎる物は、逆に失礼になったり相手に気を使わせたりするので、不適切です。
おおむね3,000~5,000円が相場で、高くても10,000円くらいが相場でしょう。

お礼状の書き方

お中元を受け取った場合、お返しに贈り物をする義務は基本的にはありません。
しかし感謝の気持ちと無事受け取ったという連絡をするために、お礼状を贈りましょう。
最近は電話やメールで済ませてしまう人が多いため、丁寧にお礼状を贈れば、相手にはより喜ばれるはずです。

ここでは一例としてビジネスシーンでのお礼状の例文を載せておきます。

----------------------------------------------

拝啓 盛夏の候、貴社におかれましてはますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
この度は結構なお品をお送りいただき、誠にありがとうございました。
いつも過分なお心遣いをいただき、厚くお礼を申し上げます。
まだしばらくは厳しい暑さが続きますがくれぐれも皆さまどうぞご自愛ください。
まずは、略儀ながら書中を持ちまして御礼申し上げます。
敬具
平成○年○月○日
                                □□株式会社
                              (役職) 鈴木 太郎

----------------------------------------------

プライベートやビジネスの場でお中元を贈る機会がある人は、ぜひここで紹介したお中元に関する知識やマナーを活用してください。
何でも電話やメールで済んでしまう現代だからこそ、直接の贈り物や手紙は感謝の気持ちをより強く伝えられるはずです。

2017年06月23日 1676view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 夏季
   
関連エントリー
Copyright (C) よろず