ライフスタイルの豆知識

七夕の由来って何?子どもとの楽しみ方

七夕とは

〇七夕とは

七夕は毎年7月7日に日本各地で行われるお祭り行事の1つです。
彦星と織姫が天の川を挟んで展開されるロマンチックな伝説は、子どもだけでなく大人でも思わず胸をときめかせてしまいます。

近年は幼稚園や小学校だけでなく、商業施設やテーマパークなどでも七夕に関するイベントが盛んにおこなわれています。
一般的なものは、短冊に願いを書いて笹につるし、星に願いを込めるといったものですが、地域によってはその様々な方法があることでも知られています。

さて、七夕は七夕(しちせき)とも呼ばれていることをご存知でしょうか。
これは7月7日が「七夕(しちせき)の節句」と古くから定められていることが由来です。
季節の区切りに行われる伝統行事である「節句」は全部で5つあります。

七夕以外には、

・人日(じんじつ)の節句(1月7日)
・上巳(じょうし)の節句(3月3日)
・端午(たんご)の節句(5月5日)
・重陽(ちょうよう)の節句(9月9日)

の4つです。

〇名前の由来

ではなぜ七夕(たなばた)という名前がついたのでしょうか。

昔、日本には「神様を迎えて秋の豊作や人々の穢(けが)れを払うために、選ばれた乙女が着物を織って棚にそなえる」という行事がありました。
そして、乙女が着物を織るために使う機械は「棚機(たなばた)」と呼ばれ、乙女のことを「棚機女(たなばたつめ)」と呼んでいました。仏教が伝わったころからは、8月のお盆を迎えるための行事として7月7日の夜に行われるようになりました。

こうした背景から、七夕の節句の「七夕」を「たなばた」と当て字で読むようになったのです。

笹竹と短冊の意味

由来で紹介したように、元々七夕の行事は現在とは異なり、笹竹に願い事を書いた短冊をつるす、というものではありませんでした。
始まりは鎌倉時代からだと言われており、次第に、人々の健康、商売繁盛、豊作、習い事の上達などを祈念する行事として広がっていきました。

〇笹竹

笹竹が使われていたのは、真っすぐ天に向かって伸びる力強さが、人々を災厄から守ってくれる象徴と捉えられていたからです。
また、笹竹は神代から神聖なものと扱われていたことや殺菌作用があることなどから、病気や災いから身体を守るという意味合いで使われていたという説もあります。

〇短冊

今でこそ当たり前のように使われている色とりどりの短冊ですが、元々は短冊ではなく「五色の糸」が使われていました。
七夕が着物を織る行事であることや織姫の「織」という文字からも、糸が使われていたことは不思議ではありませんよね。

やがて七夕が日本の人々にとってイベント化していくにつれて、願いを書くためのスペースがある短冊に変化して言ったと言われています。
また日本には自分で書いた和歌を木につるすという風習もあったこともその由来の1つだと言われています

地域によるさまざまな行事

七夕の行事は地域によっていろいろなものがあります。
代表的なものをいくつか挙げてみます。
皆さんの住んでいる地域に該当するものはあるでしょうか。

〇笹竹と短冊を燃やして願い事を点に届ける
〇笹の葉に願い事を書いて川に流す
〇子どもが近所の家を周り、おかしをもらう
〇七夕人形を作って健康を願う
〇そうめんを食べる

最後の「そうめんを食べる」というのはこの中でもあまり知られていない七夕ではないでしょうか。
これは、そうめんには天の川のイメージがあることや機織りに使う糸を連想できること、無病息災の意味が込められているなど、いくつかの理由があるようです。

子どもと楽しむには?

子どもと七夕を楽しむためにも、ここで紹介した七夕の由来や歴史をまず教えてあげましょう。
七夕の意味を理解すれば、より行事も楽しんで取り組んでくれるはずです。

商業施設やテーマパークでイベントを楽しむのもいいですが、スーパーやネット通販などで小さな笹を買って家族だけで楽しむのもいいでしょう。
ベランダや玄関に飾るなどすると、明るい雰囲気が感じられるので家庭円満の秘訣にもなります。
地域による様々な七夕の方法を参考にして、毎年違うやり方で楽しむのも、飽きが来ないのでおすすめです。

2017年06月26日 1761view
関連豆知識 : 育児 夏季
   
関連エントリー
クールビズは必要?メリットやデメリットについて紹介
クールビスとは、2005年に始まった地球温暖化対策の1つです。 主に企業や団体に提案された取...
エアコンで病気になる?汚れたエアコンのリスクと正しい掃除方法
エアコンは今や私たちの生活に欠かせない電化製品です。身近なエアコンですが、正しい使い方をし...
熱中症はなぜ起こる?メカニズムや対策のまとめ
総務省によると、平成28年の5~9月における全国の熱中症救急搬送人員の数は、5万412人と...
暑すぎる!愛犬を熱中症から救え!
熱中症にかかるのは人だけではありません。 愛犬が口を大きく開けて、ハァハァと息苦しそ...
子育てに興味のない夫、イクメンへの育て方
子供が生まれたら、女性はイヤでも母親にされますが、父親になりきれない夫がたくさんいるようで...
Copyright (C) よろず
閉じる